世界遺産「モン・サン・ミシェル」神に祈りたくなる心境 


ヨーロッパへの情熱
ヨーロッパ人になりたかった私の備忘録



すべては「マリー・アントワネット」から始まりました
公式サイトはこちら

 

ヨーロッパ

神に祈りたくなる心境の時、「モン・サン・ミシェル」の写真をみます。

このフォトは、前職でご一緒させていただいていた先生からいただいたもので、他にもたくさんの「モン・サン・ミシェル」のお写真をくださいました。

公式サイトのコンセプトページにも、こちらの写真を使っています。フランス菓子やフランス料理に興味のある方で、この建物を知らない方はまずいないだろうと思い、フランスのお教室なんだよ、というメッセージを込めて、このフォトに決めた覚えがあります。

新年からだったでしょうか、日本各地で地震が起きてますね。レッスンでも話題が出てます。地震国日本に住んでいるかぎり、不安は消えません。

モン・サン・ミシェルは、僧院でもありましたから、あの薄暗い建物の内部には興味がありました。もちろん、大天使の彫像も美しく、フォトにおさめております。戦いの拠点でもあり、フランスとイギリスの深い深い因縁を象徴するような場所。建物の頂上に立って、昔物語を追いかけながら、潮の満ち引きを眺めておりました。

ミラノの大聖堂も素敵だったけれど、モン・サン・ミシェルには、フランスの砦としての、なんとも言い難い宿命の香りがして、忘れることのできない場所になっています・・・。


 
|author : 村松 操 | ヨーロッパ | 11:48 |
ヨーロッパのとある街にて 路地の風景がとても好きです

ヨーロッパへの情熱
ヨーロッパ人になりたかった私の備忘録


すべては「マリー・アントワネット」から始まりました
公式サイトはこちら

 

ヨーロッパ

ヨーロッパのとある街にて。

私は、この石畳が大好き。歩きにくい、と言ってしまえばそれまでですが、そこに歴史と文化を感じるヨーロッパ好きにとっては、石畳の街を歩きたくなるものです。

パンにも、この石畳をもじったものが存在していて、ル・コルドンブルーのパン、ディプロムコースで実習しました。天然酵母で作ったハード系のパン。『イチジクの石畳風パン」だったかな。

その国の文化を知っていたり、学んでいたりすると、作ろうとするときに、イメージが湧きやすく、作っていても楽しくなります。

実際に旅行していなくても、「ヨーロッパへの情熱」があれば、勉強することで、異文化に近づき、イメージを作り上げることは可能です。テーブルコーディネート教室を開設したのも、そうした狙いがありました。

石畳だらけの街を、革靴で、いっぱい、いっぱい、歩きました。

ヨーロッパ大地の広さを感じたくって。どれだけ広いんだろう・・・って。バカみたいですね。

細い路地は、たまらなく好きです。入り組んだ路地に「ヨーロッパ」を感じてしまうんです。また歩きたくなりました。ヨーロッパ、遠いな〜〜。
 




 
|author : 村松 操 | ヨーロッパ | 19:35 |
ベルリンの公園にて 大好きな青首の鴨がいっぱい

ヨーロッパへの情熱
ヨーロッパ人になりたかった私の備忘録



公式サイトはこちら

 

ヨーロッパでの趣味は「青首の鴨」のグッズを集めることでした。主に紳士服のお店で見つけていました。

靴下に刺繍がされているもの。シャツに刺繍されているもの。バッチ。カフスかな?。ハンカチ。その他もろもろ。

ヨーロッパの歴史を紐解いても、男性がファションリーダーであったことは確かで、今でも、高級紳士服店は、面白いものがいっぱいあります。無駄、贅沢、非日常、細かいおしゃれ。エトセトラ。

男性ってオシャレな生き物なんだな〜と思いました。

お友達が住んでいたベルリン。一度は見ておくべき、と誘われ、遊びに行きました。演劇を見たり、美味しいものを食べたり、もちろん歴史的なことも。ちょっと酷くて悲しくなったけれど、大事な経験でした。公園で休もうということになり、連れて行ってもらったところがここ(上)。広い公園でした。そして、鴨がい〜〜っぱい。

鴨って、飛び立つ時に助走するんです。羽がキュキュキュっと鳴って、その音が心地よく、快感。

鴨の季節がやってきました。東京だと眺めて楽しむなんてこと、まずありえないです。鴨、イコール、フレンチ、つまり、食べる、となるわけで、複雑な気分に。美しい青首の鴨。いとこが買ってきてくれた置物の鴨がリビングにあります。剥製でなくてよかった・・・。

皆様も、紳士服のお店に勇気を出して入ってみて! 新しい発見があるかも。ちなみに男装をして優雅に振る舞う楽しみも、ありです。私はけっこうハマってました。


 
|author : 村松 操 | ヨーロッパ | 19:34 |
<< | 2/8PAGES | >>