テーブルコーディネート教室『アーティザン・ビスケット』英国詩人の世界

より豊かなライフスタイルへ
セッティング・色彩・マナー・食卓文化史

 
公式ホームページ
テーブルレッスン・スケジュール

 


テーブルコーディネート教室ブログ

みなさんが気になっていたビスケットはこちらで〜す。

たっぷりのバターとマダガスカルバニラを使用した、とってもお美味しい英国のビスケット。アーティザン 社。

良質な原材料、職人さんの技術、そして、ポエジー。もちろん保存料は不使用です。

こだわりのあるものは大好き。お気に入りです!

英国レッスンでしたので、講義形式もイギリスな感じで。

このシリーズには3つあります。私は、『ウサギとカメ』の方が好きですが、グリーンのテーブルクロスに合わせて、こちらのクッキーにしました。

意味、通じますか?

ぜ〜〜んぶ繋がっているのですよ。そういうお遊び、お家でも、一人でも、楽しんでいただけたらな・・と思っています。

ナショナルスーパー麻布さんにあります。常備されているそうなので、何かの時にはぜひ。





お知らせ&トピックス
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 17:48 |
テーブルコーディネート教室 実習用の手袋、お忘れなく。



 


テーブルコーディネート教室の皆様へ。

実習用の白手袋、お忘れなくお願いいたします。ご入金確認、させていただきました。いつもきちんとしていただき、ありがとうございます。

フォトはお菓子教室のものなので関係ありませんが、

秋の実りと、クリスマス休暇が近づいてきた今の季節のヨーロッパを楽しんでいただきたいと思います。

講義は、シェイクスピアが活躍したエリザベス1世の時代、そして、アフタヌーンティーが生まれたヴィクトリア女王の時代のお話です。

どちらの時代も、英国を語るには外せない時代文化です。

ティータイムの優雅な語らいとして、知識を備えておくことも、レディーとしては心得ていたいもの。

内容が詰まっておりますゆえ、定刻通り、スタートさせていただきますね。



 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 10:51 |
テーブルコーディネート教室 遊びココロと相手の笑顔のために


より豊かなライフスタイルへ
セッティング・色彩・マナー・食卓文化史

 
公式ホームページ
テーブルレッスン・スケジュール

 


テーブルコーディネート教室ブログ

フォトはお料理教室でお披露目した、大きな大きな「ざくろ」です。

宝石のように美しい真っ赤な粒。まるでルビーの様に輝いていました。生徒さんと一緒に、なんて綺麗なんでしょうね・・・と、うっとり眺めて非日常の世界に入り込み、気持ちよくなりました。

前回のテーブルレッスンでお教えした「葡萄」と同様に、ざくろにも洋の東西を問わず、象徴的な意味が込められています。

お料理教室でなぜ私があえて「ざくろ」を飾ったのか?、そこのところの「なぞなぞ」、ピンときてくれた方、いらっしゃったかな・・・。

欧州各国で様々なお招きの席を経験し、その度に学んだこと。それは、おもてなしテーブルには、お客様を喜ばせようとして仕掛ける象徴性を伴ったお遊び心があるということ。

洒落てる、と、ある生徒さんがおっしゃってくださったことがあります。

本当にそうなのです。心の豊かさ、相手の笑顔のためにできることを探すゆとり。素敵な生き方だなと思っています。

ご案内を差し上げています。英国レッスン、お待ちしておりますね。





お知らせ&トピックス
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 08:55 |
<< | 2/50PAGES | >>