テーブルコーディネート教室 構図を意識してプレゼンテーション

フランス食卓文化レッスン
真の「Lady」は、大人の女性の憧れです
マナー・テーブル・様式美・歴史


公式サイトはこちら
テーブルレッスンBLOG



テーブルコーディネート教室

図形を意識してみましょう、と、本日の課題を発表。

フォトは途中に撮影したものです。

サロンクラスでは、こうした楽しみ方をします。美意識をさらに鍛え上げ、文化・歴史・欧州のライフスタイルを伝える訓練(?)を重ねます。

秘められたメッセージ、テーマ。

そして、美の構図も隠れているテーブルデコレーション。

美と文化は繋がっていて、コーディネートの感性を養うには、とってもいい手法なのです。

新しい視点、アイディア、知識。そうしたものを身につけながらの具体的な実習は、サロンクラスのみならず、テーブルコーディネート教室で学ぶ醍醐味です。

現実逃避〜、と楽しむ生徒さんたちを見ながら、そういう時間って大切よねと、私も心の中で思っておりました。

今、テーブルコーディネート教室をご受講中の皆様とも、いずれこのようなレッスンをしてみたいです。

お菓子、お料理も並べて、マナーも、振る舞いも、それらしくして。

テーブルコーディネートレッスンの可能性は無限大です。生徒さんが育っていく姿を見るにつけ、さらなる楽しみをご提供できたらな・・・と希望を抱いております。

 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 08:38 |
テーブルコーディネート教室 フランス食文化から日仏の架け橋に

フランス食卓文化レッスン
真の「Lady」は、大人の女性の夢と希望
マナー・テーブル・様式美・社交


公式サイトはこちら
テーブルレッスンBLOG



テーブルコーディネート教室

日仏の架け橋に。

大使館のパーティー以来、その思いが強まってしまい、お伝えしたいことがいっぱいです。

ディネのテーブルにまつわることに的を絞っても、出てくる出てくる。とりわけ公式なお席、正式なお席でのマナーには、熱が入ります。

おもてなしを受ける側にとっても、おもてなしする側にとっても、大切なことは何か。

毎回念頭においてレッスンをしてきましたが、その大切さを、先日のパーティーで再認識したばかり。ヨーロッパ各国でのこと、フランスでのこと、様々なディネのシーンが頭をよぎりました。私にできることは、経験とスキルをお伝えすること。

生徒さんたちがキラキラ輝いて帰っていく姿。受講して良かったと心底思ってくださり、ともに同じ世界を夢見ながら近づく努力をしていくことは、人生の大きな楽しみです。

フォトは、フランスAOCチーズ、白カビ、「サン・タンドレ」。

フランス食文化について、知識を深め、楽しんでいただくことも、テーブルコーディネート教室ならではのこと。ローラン・ピック大使が言及されていたように、フランスの豊かな食文化は、日仏の架け橋なのです。





 


白カビの状態が非常によく、ふわふわの美しい白カビさんを観賞。

まるでケーキのよう、生クリームのデコレーションみたい、と、生徒さんたちのテンションもアップ。

品物を見る目が養われてきた証拠。 

価値あるものが「価値がある」とわかること。上質さがわかるということ。育てたい感性です。

マナーとは別の次元になりますが、そうした審美眼を「身につけたい」と望んでくださる生徒さんがいてくれるありがたさに、喜びを感じないではいられません。

 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 21:11 |
テーブルコーディネート教室 真のレディーに・憧れに近づく!

フランス食卓文化レッスン
真の「Lady」は、大人の女性の夢と希望
マナー・テーブル・様式美・社交



 
すべては「マリー・アントワネット」から始まりました
公式サイトはこちら
テーブルレッスンBLOG



猛暑のなか、レッスンにお越しくださいました皆様には、心より御礼申し上げます。

そして、残念ながらお休みをせざるを得なかった皆様は、どうか気長に、継続していくことを目標に、もどかしいお気持ちを整理して、次回のレッスンへと繋いでいただけたらと思います。残念なお気持ち、すごくわかります。

フラワーは、すべてお教室のお庭で育てたものです。

動きを出しながら「涼」をテーブルに。色彩のみならず、動き、ということ、お伝えしました。

前期からも、テーブルコーディネートの感性を養うため、生徒さんによる簡単なプレゼンテーションを楽しんでもらっています。エレメントの使い道、生かし方がポイントです。

知っている、ということの大きさ。その話題で盛り上がりました。

それによって助けられること、堂々としていられること、その場を楽しめること。知っていることは目に見えない大きな財産なのです。

私たち女性という生き物は、いくつになっても自身の可能性を追い求め、ときめく気持ちや、学ぶことで新しい世界に身をおく楽しみを捨てない、そうした生き方を好むように思えてなりません。生徒さんを見ていても、みなさん真剣ですから。ご職業にされている方はいらっしゃらないのに、です。

真のレディーに。

この「Lady」という響き、大好きです。

マナーはもちろん、それを生み出したテーブルの世界(文化)を理解してこその財産。

生徒さんの成長していく姿、とっても嬉しいです。フランス食卓文化のレッスンを通じて、ライフスタイルが豊かになり、暮らしに潤いが生まれ、美意識が高まり、女性としての「質」さえもが変化していくこと。テーブルコーディネート教室で、体験していただきたいと思います。

 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 21:06 |
<< | 2/31PAGES | >>