英国・ヘンリー王子のウェディングに寄せて フランスの結婚式

ヨーロッパのおもてなし
テーブルの基本からマナーまで本格的に
歴史・文化・Paris社交界入門



時代様式、ライフスタイル、テーブル実習
公式サイトはこちら



テーブルコーディネート教室

2018年の英国は、ヘンリー王子のウェディングで盛り上がりそうですね。


お二人のなりそめも、プロポーズのエピソードも、伝統と格式を重んじるイギリス人からしたらどうなのかなという心配も噂されておりますが、きっとお二人の力で乗り越えていかれることでしょう。

イギリス王室と国民とはとても近い関係にあります。街中でロイヤルファミリーとばったり遭遇すれば、みんなで駆け寄ったり、知らないでいると、近くの方々がお知らせくださって、お目にかかれるわよ、と、背中を押してくださいます。

5月、行こうとしていたのに・・・・、ちょっとしたことがあり、断念せざるをえず。久々のヨーロッパだったのに!

そんなこともあり、「ヨーロッパ」をテーブルコーディネート教室で全開、満喫したいと思います。

タイミングよく、今月は英国王室とゆかりの深いアフタヌーンティーのレッスンが。そして後期は「王妃」について。春になると、前期でヨーロッパ上流社会の教養講座・美術史が。後期では再びイギリス。エリザベス朝イギリスからビクトリアの時代まで歴史と文化のまとめをします。レッスンと現実的なことが重なると、生徒さんたちの理解が進みます。とってもラッキー。

フォトは、フランスの結婚式の様子です。

これから始まります。とっても幸せそうなお二人とご親族、そして、天使のように可愛らしい子どもたちに囲まれて、挙式スタート。とってもオープンなんです。挙式のあと、ご一緒させていただき、幸せをいっぱい分けていただきました。

歴史ある教会、若々しいお二人、美しい光景。周りの人をふわ〜〜っと幸せに包み込んでくれる出来事でした。



お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 10:41 |
テーブルコーディネート教室1月 アフタヌーンティー・英国と紅茶の文化

 

美と文化をテーブへ
「ヨーロッパ・フランス」のテーブルを本格的に
歴史・時代背景・美の様式・マナー



気品と伝統、おもてなしの基本から



テーブルコーディネート教室

2018年、最初のレッスンは「アフタヌーンティー」です。ご入会希望の皆様はこちらからお問い合わせくださいませ。

1月20日、土曜日、
11:00〜13:30。

アフタヌーンティーのレッスンでは、イギリスがお勉強の舞台です。英国では一日に何回「ティータイム」を楽しんでいると思いますか。アフタヌーンティーが流行したわけはなんでしょう。テーブルセッティングのポイントともに、英国の紅茶文化を学びます。 

イギリス人とティータイム。
アフタヌーンティーの歴史。
テーブルセッティングの特徴。
マナーについて。
美味しい紅茶の入れ方。
センスアップレッスン。

すでにご入会されている皆様には、12月にご案内を差し上げております。ご確認ください。

アフタヌーンティーレッスンからご入会される皆様。期待と不安が混在しているかもしれませんね。ご安心ください。私と受講生の皆様と一緒に、ヨーロッパという別世界と美意識を学びながら、ステキなおもてなしスタイルを確立していきましょう!

ご入会希望の皆様は、公式サイトで注意点をご確認の上、お問い合わせください。お菓子教室、お料理教室とは、お支払い方法などシステムが異なります。レッスンスケジュールはこちらです。ゆっくりペースですが、「本場ヨーロッパのテーブルコーデ」(美ST・光文社でのキャッチコピー)、お伝えしております。

 


 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 09:15 |
テーブルコーディネート教室・後期 セッティング実習で感動を!

美と文化をテーブへ
「ヨーロッパ・フランス」のテーブルを本格的に
歴史・時代背景・美の様式・マナー



 



テーブルコーディネート教室

後期レッスン、テーブル実習の様子です。

展覧会、イベント、などを意識して、予行練習を兼ねて大きなテーブルをつくりながら、セッティングの理論を復習。

美しさをどのように創り上げていくか、という課題を、テーマに沿って解決しながら学びます。

実際にお食事したり、お茶会や、各種パーティーを想定し、場面をしっかり固めた上で、テーブルセッティングを始めます。

とても実戦的なレッスンだと思います。ご家庭で、すぐに取り入れていただけるように、様々なアイディアもご提案。同じような品物がなくても、高価なお買い物をしなくても、どうしたらいいのか、そこを一緒に考えていくところが、テーブルコーディネート教室の真骨頂!

理論、歴史、文化・芸術、美の様式、食文化、ライフスタイル。

後期レッスンではとりわけ、「フランス文化」の土台となったベルサイユ宮殿に焦点をあてています。

各時代ごとに生まれた文化を知り、時代性と、歴史上の人物を知り、何が、どのように変わっていったのか、それが現在にどう繋がっているのかを確認していく作業は楽しいです。

温故知新と言いますが、私たちが「テーブルコーディネート」とか「食卓芸術」とか「生活芸術」「生活様式」と呼んでいるもののルーツを探る旅が、テーブルコーディネート教室の後期レッスンです。

一人でも多くの皆様に、Parisサロンをはじめ、ヨーロッパ各国で得た貴重な経験をお伝えしていきたいです。

 

お知らせ&トピックス
開講コースのご紹介
体験レッスンのご案内ページ

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 16:33 |
<< | 2/17PAGES | >>