パティスリー『シェ・シーマ』 素敵な作品・食べられます




2014年、新宿伊勢丹のコンテストでご縁のあったパティスリーさんです。

あれ以来、時々訪れます。

先日見つけたこのスイーツ。チョコレートで作られた素敵なピンヒール。ガラスの靴、シンデレラの物語を想像させてくれます。

マカロンは『シェ・シーマ』さんの得意とするもの。お店の看板商品です。

マカロンをあしらって、あとはチョコレートでできていて、全部食べられます。

春ですから、こういう色合いがよかったんだな・・・・と、コンテストのことを反省。パン生地のコンテストだったこともあり、白と茶のモノトーンにこだわってしまいました。春だったんだから、こういう柔らかな作品にしたら、きっとみんなの気持ちも和んだことでしょう。私のは、あれは、自己満足に終わったんだと後悔しています。お店の象徴、桜も入れず、人目をひくバラでデコレーションしてしまいました。穴があったら入りたい過去の大恥話です。

桜の季節。薄ピンク色の世界。幸せなシンデレラストーリー。

チョコレートが溶けない温度の頃までは販売が続くそうです。皆様も、どなたかのプレゼントにいかがでしょう?



 

|author : 村松 操 | リラックス | 19:56 |
memento 超一流ということについて 


3月から、わけあって、世界的に活躍をして来た方、また、日本国内において研鑽を重ね、ある分野において素晴らしい業績を残されて来た方とのコンタクトをとっています。

数十年ぶりの再会もあったり、人の縁で巡り巡って出会ったり、形は様々ですが、共通しているのは、その方々との出会いによって、わたしが質的に、人間的に変化をしているということです。また、かなりの影響も受けています。

努力を惜しまないこと。本物であり続けようとする意識の高さ。優しい笑顔。暖かなハート。

一言で表現すれば、プロフェッショナル、ということに尽きるのだと思いますが、輝くようなエネルギーが嬉しい。

一生懸命に生きて来たつもりですが、そうした方々と時をともにすると、なんだったのかな・・・・と、人生を振り返ってしまいます。

今後、何をどのように磨き上げ、あのような境地にまで達することができるのか、まったく道筋が見えませんが、出会えたということは、そうなれるということでもあり、そのようになりなさいとの人生からのメッセージかもしれません。

努力家。情熱家。誠実。信念。道無き道を行く勇気。

かたい絆のような信頼で結ばれた人間関係は、この世の恵みです。わたしもいつかそのように言ってもらえる人物になりたいと、今日ほど思ったことはありません。今日この時の思いを、ブログに綴っておきたいと思いました。

皆様にも何か伝わるものがあれば幸いです。


 
|author : 村松 操 | リラックス | 18:23 |
20年以上のお付き合い・気心知れた柔らかで優しい時間


おはようございます。

今週は家のことを優先にスケジュールを組ませていただいております。

お料理教室は、予定通り、本格フレンチのレッスンがでそうです。「天然もののお魚」でレッスンします。万が一、海がシケてしまったら・・・・、想像すると怖いです。

ご先祖が縁となって約四半世紀。跡取り娘だったことが今となってはよかったなと思います。法要のために年数回、途切れることなくお顔合わせが続いてきた皆様。頻繁にお目にかかることはなくても、長年積み重ねてきた間柄というのはいいものです。優しく、柔らかく、心がふわっとなります。

時を重ね、年齢を重ね、様々な経験を共にしてきたこと。辛いことも、嬉しことも、幸せなことも、心の痛みも。お互いに察し合いながら、そっと傍でたわいもないおしゃべりを楽しめる幸せ。

アルバムを眺めて、お互いに歳をとったね〜〜〜なんてびっくりしたり、ふざけて撮った面白い写真に大笑いしたり、20年以上変わらないギャグ・決め台詞を連発して騒いだり。気心知れた仲間だからこその楽しい時間。大人の遊びの時間かな。

時って、私たちに宝物を残してくれるんだなと気がつきました。

即席ではないから、豊かさがそこにあり、崩れることのない信頼(なのでしょうかね?)のような、頼もしさのようなものが生まれているのでしょう。

今日からまた日常が始まっています。桜も週末にかけて咲く様子。はんなりピンクの満開、待ち遠しいですね。


 
|author : 村松 操 | リラックス | 10:13 |
<< | 2/97PAGES | >>