お菓子教室のぶどう 台風に負けないで!


お一人ずつ・個別に
パティシエのようなケーキをご自宅で
贅沢なご褒美スイーツレッスン


 

フレッシュフルーツを使ったスイーツレッスンが多いお菓子教室。

天然のお魚料理もよくしますし、どちらにしても「自然」相手のお教室主宰、ハラハラします。神様に祈るような感じ。今も眠れなくて・・・。気を紛らわすためにブログを書いています。

せっかく用意されている巨峰。

台風に負けないで!! 

お教室まで無事に届いて欲しいです。上質なものをお頼みしています。キラキラして宝石みたいに美しい巨峰です(上)。

9月は「お店では買えないお菓子つくり〜、嬉しいなっ」ということで、こちらのカリキュラムは存続することになりました。お教室で作れば、楽しみながら、お持ち帰りもできますものね。生徒さんの素直なお気持ち、うかがうことができてよかったです。

どうかダメージがありませんように。



 
|author : 村松 操 | レッスン | 22:11 |
市ヶ谷『シェ・オリビエ』10周年記念パーティー


カメラ目線で、パチリ!
『シェ・オリビエ』10周年パーティー


 

ル・コルドン・ブルーの時からのご縁です。

2009年にグランディプロムをシェフから手渡していただきました。そして、シェフも同時に校長先生を卒業。市ヶ谷駅からほど近い地に『シェ・オリビエ』を開業されました。

オリビエ シェフの華麗なる手さばきに憧れ、お菓子のみならず、お料理までコルドンで勉強する決意をし、シェフのお店でいただいた手作りの天然酵母のパンに感激して、パンコースにも進みました。シェフの味に、フランスを感じ、進化するお料理、デセールに刺激を受け、ずっと私の羅針盤のような存在でいてくださる有難い存在なのです。

お席は、素晴らしい方々でいっぱい。フランス人が通う「フランス」を味わうことのできる本格派のフレンチレストランです。

気取ってないけれど、本物。シックなビストロだとおっしゃる意味を、このパーティーからも感じました。

シェフ、マダム、スタッフの皆様、10周年、本当におめでとうございます。

これからのますますの発展を心よりお祈り申し上げております。素敵なパーティー、ありがとうございました。



 
|author : 村松 操 | レッスン | 19:36 |
お勉強はさらに続く・・・・。


リラックスのコーナーに書くべきことではないのですが、ブログカテゴリーに適切なものがないので、ここで。

さて、今年の春から続いている私のお勉強。まだまだ続いております。

インスタグラムを始めて、よかったな〜と思うのは、私と同じように、例えば「フランス語」のお勉強をされている方がフォローしてくださっていたり、お菓子つくりに頑張っている方々のお写真が見れたり、世界中のプロの方々の作品が見れて刺激を受けたり、孤独感が紛れます。

また今日は暑くなりましたね。体調、崩さないように気をつけたいです。

お菓子教室のフルーツ。心配しておりましたが、大丈夫そうです。今年は実りが悪いのだそうです。過酷な自然環境に植物たちも大変なんだろうなと思います。

大事に運ばれてくるフルーツたち。美味しく作ってあげましょうね。

少しだけ、近況報告でした・・。



 
|author : 村松 操 | リラックス | 15:35 |
イチロー日記 ご主人様は僕の寝顔が大好きです

ハンサム柴犬イチロー
ご主人様と俺様柴犬の、幸せフォト記録


 

お寝んねしているイチロー。パチリ。

嘘寝しているかもしれません。

イチローは時々、私を喜ばせるために、わざと、ご主人様のお気に入りのことをしてくれます。きっとこの時もそう。

仕事を終えて、ホッとしたいな〜と思ってイチローを探したら、

すぐ近くでお寝んねしてました。

安らかそうな寝顔。癒される〜〜〜〜。



 
|author : 村松 操 | リラックス | 20:15 |
テーブルコーディネート教室 お持ち帰りの薔薇のブーケ


より豊かなライフスタイルへ
セッティング・色彩・マナー・食卓文化史

公式ホームページ
テーブルレッスン・スケジュール

 


テーブルコーディネート教室ブログ

次回の実習レッスンは、薔薇のスパイラルブーケです。

お一人ずつ、完成させます。

このままでもお持ち帰りいただけますが、陽射し避けに袋のようなものをご持参いただくといいかと思います。

薔薇は強いお花ですが、いたわってあげたいですね。

お花の市場の関係で、薔薇のカラーはお教室がわで決めさせていただきます。勢いのいいものをなるべく選んでいただく予定です。

リボンのお色は、各種ございます。お好きなもので!

朝食のテーブルセッティングの講義は、私の大好きなテーマです。ヨーロッパのライフスタイルが色濃く顕れるテーブルシーンだからです。

たくさん講義します。欧州生活の一端を除いているような・・・・。旅行に来ているような・・・。そんな気持ちに浸っていただけたら嬉しく思います。





 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 09:13 |
テーブルコーディネート教室スケジュール


より豊かなライフスタイルへ
セッティング・色彩学・マナー・様式など

公式サイトはこちら
テーブルコーディネート・ブログ



生徒さん募集中のレッスン:

11月16日(土)
11:00〜13:30

シェイクスピアで有名なエリザベス朝イギリス。ここから学びます。
そして、アフタヌーンティーで有名な、ヴィクトリア女王の時代へ。
アフタヌーンティーが生まれた歴史的な背景と、英国独特の文化をレッスン。
英国のお菓子にも触れます。







前回お休みされた生徒さんへ:
補講をご希望される場合は、レッスン一ヶ月前までにご連絡ください。メールまたはお申し込みフォーマットよりお願いいたします。キャンセルフィーはいただきませんが、ご受講が見込めそうなことをご確認の上、ご連絡いただけると助かります。完全会員制のコースレッスンのため、お申し込みと同時にお席をサーブいたします。限りあるお席です。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。9
月3日記




ご入会希望の皆様へ:


お申し込みの前に、公式サイトのテーブルコーディネート教室ページで、支払い方法・ご注意点をご確認のうえ、フォーマットよりお問い合わせください。

お教室からのご挨拶メールののち、ご入会のお手続を進めます。ご入会金「1万円」と初回のレッスンフィーを、お約束の期日までにお納めいただきます。お振込確認をもちまして。ご入会手続の完了となります。初回レッスンのご案内は、お手続完了ののち、お送りしております。

また、初回のレッスン時に、ご本人様確認のできる「お写真付きの身分証明書」を拝見させていただくことになりました。コピーは不要です。どうぞよろしくお願いいたします。
2019年7月21日記





*お知らせ*
2019年の3月から、新しいカリキュラムになりました。今後のレッスンの流れもご確認いただけます。


急な収録などで変更が生じる場合は前もってお伝えします。完全会員制のコースレッスンのため、体験レッスン、単発でのご受講はお承りしておりません。





公式サイト・プロフィール
公式ブログ・プロフィール


お料理の体験・詳細こちら
お菓子の体験・詳細こちら

お知らせ&トピックス
体験レッスン公式サイトページ
祝10周年・記念コース
コーディネート教室改編のご案内
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 09:13 |
お料理教室 高級魚イトヨリ様・南仏の海で泳いでいるみたい


本格フレンチをご自分で
すべてのプロセスを体験 × お料理上手へ 
「できた!」「美味しい」「嬉しい」



公式ホームページ



お料理教室のご案内

異例なフォトが撮れました。

高級魚イトヨリ様。白身のお魚です。あまり店頭に並ばないお魚なので、作ろうと思ったらオーダーしておくといいと思います。

350グラム〜400グラムの大きめを。

マリネしている姿が、南仏の美しい海辺を、鮮やかな模様をキラキラ輝かせて泳いでいるように見えました。

天然真鯛のレッスンを6月にしたばかり。その甲斐あって、今回はスムーズにお魚料理レッスン、できました。

イトヨリ様だけに気を取られてはいけません。

メイン料理を活かすも殺すも、おソースや、周りのお飾りたちです。

 


 

フランス料理では、お野菜のカッティングに名前がついております。

フレンチの規定どおりに、美しくカットされたトマトペタル。真っ赤なダイヤモンドが集まったら、こんな感じに美しいのかしら・・・と思いながら、パチリ。

お野菜のカットひとつで、お料理のお味が変わります。「このおソースだけでも、立派なお料理ですね」。その通りなのです。

お庭に咲いていた夏の終わりの草花を寄せ集め、テーブルに添えました。

来月は、待望のお持ち帰りレッスン! 

仕入れは確保できました。上質なおもてなし料理。秋のお持ち寄りパーティーに最適。お役に立ちますように。

 


 
|author : 村松 操 | レッスン | 09:07 |
お料理教室 コートダジュールのお料理・キラキラ地中海の輝きフレンチ


本格フレンチをご自分で
すべてのプロセスを体験 × お料理上手へ 
「できた!」「美味しい」「嬉しい」



公式ホームページ



お料理教室のご案内

ヨーロッパで夏のバカンスを過ごすのなら、おすすめはコートダジュール。

地中海に面した小さな漁村。

美しくキラキラ輝く地中海。そのはるか向こうにアフリカ大陸があって・・・・。かつては、シーザーも、アントニーも、クレオパトラを求めて渡った海。・・・・ロマンティック。

お料理教室ですから、テキパキと。フレンチ・テクニックの極意も論理的に説明。オール実習で完成させます。

緊張もあるかと思いますが、笑顔があふれ、楽しく学んでいただけることは、私としても嬉しいです。

南仏の夏の太陽の光を浴びて泳ぐイトヨリの姿。お料理にしたらこんな感じかな(上)。一年半ほどお料理を学ばれている生徒さんのお料理です。

フランス料理は、最初は敷居が高く感じるかもしれませんが、論理(どうしてそうするのか)が明確な分、基本さえ理解してしまえば、上達しやすいお料理だと思っています。

フランス語を身につける時に、先生から「最初は大変だけれど、どんどん楽になっていくから」と言っていただいたこと思い出しました。




 
|author : 村松 操 | レッスン | 14:06 |
<< | 2/323PAGES | >>