デヴィ夫人・京王「ジェンガラ」13〜15時にご来店です



テーブルコーディネート教室

お懐かしいデヴィ夫人。

本日、京王百貨店、13:00〜15:00、高級テーブルウェア「ジェンガラ」にご来店されます。

5つ星ホテルに向けで知られるブランドで、ハンドメイドの美しさ、そして、今回は何と言っても、デヴィ夫人プロデュースのコレクションと出会えることが楽しみです。

詳細はこちらです

ロータスプレート。気品があって、和モダン。

蓮の花言葉、ご存知ですか。東洋の真珠とParis社交界で称えられたデヴィ夫人ならではのセンスではないでしょうか。

限定はありますが、夫人と一緒に記念撮影もしていただけるとのこと。

あ〜〜羨ましい。私はたぶんダメ。昨日も行けませんでしたし、今日もレッスン準備です。

実際に夫人とお目にかかってください。テレビからは伝わらない煌びやかな美しさに目を奪われるはずです。女性として持ち合わせたい気品も。

アジアンモダンの美。

皆様にとって、新しいテーブルウェアとの出会いにつながっていただけたら、ファンとして嬉しく思います。


 

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 08:58 |
テーブルコーディネート教室 Parisより時代を超えて私へ

 

ヨーロッパへの情熱
本気でフランス人になろうとした私の
スペシャルなテーブルレッスン


 



テーブルコーディネート教室

Paris から時代を超えて私の元へ。

素敵な贈り物をいただきました。敬愛するマダムのお母様がご愛用されていたものです。

フォルムが美しいでしょう〜。

これがフランスの美。持ち手のあの角度。な〜んて素敵なんでしょう。Paris香る世界に、久々に舞い戻った気分でした。

これでカスタードを作りなさい、と、お母様からマダムに手渡された大切なお品物です。縁あって、私が受け継がせて頂くことになりました。

お母様が生きていらしたら100歳近くになる方です。その時代の方が、Parisのお料理の世界に通じていたなんて、ロマンがあると思いませんか。時代が時代です。

ありがとうございます、ではすませたくないから、この貴重な品への気持ちを込めて、時代を超えてつながるParisの世界を、テーブルデコレーションで演出してみたいです。

できるかな・・・。

継承されていく人と人との絆。そして、それを結びつけてくれるその方の美しい魂のかけらのような品物たち。

うまくいったら褒めてください。レッスンで頑張ってみます!




お知らせ&トピックス

 

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 20:26 |
お菓子教室 シューのパニエ(籠)らしく

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

シューのパニエ(籠)ぽい、と、クラスで話題になった生徒さんのスイーツ。

なるほどそうですね!

後ろから眺めてみると、本当に、お上品にフルーツたちが、シュー生地で焼かれた「パニエ」におさまっています。

発見してくれた生徒さんに感謝です。

シューのパニエの中に、美しく、彩りよくデコレーション。こうして改めて眺めてみると、このお菓子作りのポイントがはっきりします。

これから、このカリキュラムの時は後ろからチェックだな!、と、新しい指導方針をプラス。

みんなで気付き合いながら、お菓子上手への道、一緒に歩んで行きたいですね。

レッスンが終わった皆様、お疲れ様でした。これからレッスンの皆様、無添加シュー菓子の美味しさ、待っててください。


 

|author : 村松 操 | レッスン | 08:31 |
お料理教室 カジュアルスタイルの贅沢フレンチ:フォアグラの前菜


「フランス」への憧れ
本格派のおもてなし料理教室です
少人数オール実習レッスン


 


フランス料理教室

私のお料理です。生徒さんと一緒に作りました。

アップするのを忘れてしまい、お菓子教室の最中ですが、急ぎ記録を。

長年ともにする生徒さんとのレッスンは、アドリブが効く面白い展開が楽しめます。

危険かな?、でもやってみる?。

オリビエシェフを真似て、フォアグラを一気に大量に焼いてみました。

手の込んだ、とっても贅沢なフォアグラの前菜。

おソースの作り方は、ステーキにも応用できる優れもの。バターモンテには気をつけていただきたいですが・・。

盛り付けを終えて、みなさんと記念撮影を楽しみながら、「フランス料理って、やっぱり、どこかに夢のある世界なんだな〜〜」と思っておりました。
 

 
|author : 村松 操 | レッスン | 09:49 |
美味しいもの・美のセンス・ヨーロッパの宝物を皆様へ

ヨーロッパへの情熱
本気でフランス人になろうとした私の
スペシャルなサロンレッスン


すべては「マリー・アントワネット」から始まりました




【体験レッスンスケジュール】:

お菓子教室 体験レッスン
お料理教室 体験レッスン



【テーブルコーディネート教室】:

体験レッスンはございません。スケジュールはこちらです。レッスン風景などはこちらでご覧いただけます。



【スペシャルイベント】:


サロン部門主催
今年で第7回目。
ガストロノミーレッスン開催。
集合時間は、10:30です。
ご受講くださる皆様、誠にありがとうございます。
個別にご連絡を差し上げます。
よろしくお願い申し上げます。




【Parisサロンスタイル】
 
ヨーロッパ・フランスを伝えたい、その願いからレッスンを始めました。

高級スイーツ専門の特別なお菓子教室。正統派の本格フレンチを家庭で楽しむお料理教室。留学経験と美学美術史をベースにしたテーブルコーディネート教室。フランスを中心に、ヨーロッパの本物と出会っていただけるお稽古サロンです。

お菓子・お料理は、フランスやヨーロッパで実際に美味しかったものを、名門ル・コルドンブルーのテクニックで。役割分担もなく、贅沢なオール実習レッスンで学ぶことができます。「大人のフィニシングスクール」と呼ばれる貴重な経験をご一緒ください。

テーブルコーディネート教室では、セッティングの理論、実習、マナーのほか、ライフスタイル、歴史文化、芸術様式もお教えします。美意識が磨かれていく喜びを感じていただけたら嬉しいです。


完全会員制のレッスンをしているのは、Parisサロンでの日々があるからです。

上質なレッスンをすること。キラキラ輝く生徒さんの笑顔を大切にすること。美しい時間をともに過ごすサロンでありたいと思っています。

毎月のご予約は不要です。休会・退会のお申し出があるまで、お席をサーブいたします。出席・欠席にかかわらず、レッスンフィーをお納め頂くことになりますが、お教室の都合で変更となりお休みされる場合や休講の場合には、頂戴しておりません。休会・退会のお申し出は「一ヶ月前まで」にお知らせください。それ以降ですとレッスンフィーがかかります。

このようなサロンですので、お教室にビジネスをお持ち込みになるご入会(ご自身のお仕事への勧誘・CMなど)は、他の生徒様のお気持ちをお考え頂き、ご遠慮くださいませ。

一緒に楽しみましょう。お教室でお待ちしております。




【お知らせ】:

*グランディプロム*

グランディプロムの取得には「ディプロム」と「テーブルコーディネートディプロム」が必要です。
そして、2016年までにグランを取得されている皆様とのバランスをとるため、お菓子またはお料理教室で3年間分のレッスンをお修めいただきます。お菓子のグラン、お料理のグラン、と、2つとも取得されたい場合は、それぞれのお教室で各3年間分学んでいただければ、それぞれのグランディプロムを発行いたします。



*各種ディプロムについて*

各種ディプロムのお代金ですが、ディプロム、グランディプロム、テーブルコーディネートディプロム、すべて一律で「1万円」です。発注時にご請求させていただきます。




 

【メディア&トピックス】:

*お教室収録*
NHK『チコちゃんに叱られる』



8月に放送されたNHKの雑学情報番組、『チコちゃんに叱られる』にて。クッキーとビスケットの違い知ってる〜?、のチコちゃんからの挑戦に、生徒さんと一緒に臨みました。詳しくはこちらのブログをご覧になってください。一日がかりのお教室での収録、テレビマンの方々のお仕事は、並大抵のことではできないなと思いました。番組を面白いものにしよう、みんなに楽しんで笑顔になってもらおう、そうした真摯なお気持ちに心を打たれました。収録に来てくださった方々に気に入ってもらえたクッキー。貴重な思い出となりました。無添加、シンプル、上質なお菓子。その典型でもあった自慢のクッキーでした。これからも「お菓子」について学びを深め、スイーツの持つ不思議な世界や歴史について、レッスンしていきたいと思います。(10月1日記)



*『美ST』光文社8月号*
テーブルコーディネート教室のご紹介


6月17日発売、光文社『美ST』で、テーブルコーディネート教室をご紹介いただきました。権利関係があり、表紙も掲載記事もアップできませんが、掲載されている写真はこちらです(上)。お教室につけて下さったタイトルは「本場ヨーロパのテーブルコーデ」。「ヨーロッパの時代ごとの伝統、文化をリアルに体験」、「専門性も高く、完成度も高いテーブルコーディネートが身につきます」と記されておりました。テーブルコーディネート教室について 今一番お伝えしたいこととしてまとめたブログがあります。ご覧いただけたら嬉しく思います。(7月16日記)
 



*第6回ガストロノミーレッスン*


サロン部門主催、第六回、ガストロノミーレッスン。5月21日、無事に終了いたしました。今年は「シェ・オリビエ」での特別開催でした。シェフの本拠地でのレッスンは、言葉にならないほど。圧巻でした。大使館パーティーではシェフのお料理を食べ損ねてしまいましたが、今回のガストロノミーレッスンで最高のフレンチを堪能。大満足です。超一流の世界。Parisのサロンで出会ってきた方々と同様、素晴らしいギフトを神様から与えられている人から学べる幸せ。今、噛み締めているところです。(5月23日記)


 

 

|author : 村松 操 | スケジュール・お知らせ | 08:46 |
端午の節句を終えて 鯉はなぜ登竜門に臨んだんだろう


端午の節句、終わりましたね。

その日はレッスンがあり、大したことはできませんでした。縁起いい鯉の絵を眺めるくらい。

柏餅は一年のうちで今しか食べられないものですから(我が家は亀屋万年堂です)、今年は4月から毎週1回、食べてました(笑)。

鯉が身を削って険しい滝を登り切り、龍に変じて天に昇っていくお話。

今年の端午の節句では、そればかりを考えて過ごしました。なぜ、あの鯉は、とてつもない急流に臨んだのか。登竜門の下には、鯉がのんびりと生息していられる場所があったわけで、そこでおとなしく一生を過ごすこともできたわけです。

一匹の能力のある鯉がいて・・・と、説明書きされていたりいたしますが、どうして??、と思ってしまいます。

今日も雨がシトシト降っていましたから、雨をもたらすという龍のことを想像し、色々考えました。

結果、私としては、鯉は龍になりたくて登ったわけではなく、理由はわかりませんが、急流の中に入ってしまったが以上、そこを泳ぎきって険しくても、何がなんでも果てまで行くしかなかったんだろうな・・と思うんです。身を削って、きっと身体はボロボロだったでしょうし、様々な経験知を得たことでしょうし(そうでなければ途中で死んでしまいます)、そうして龍となりえる霊力を持ち合わせ、龍は空を泳ぐこの世のものではない生き物ですから、天へとむかい昇っていったのかな〜と考えました。

幼い頃から「鯉」がなんとなく怖くて、餌やりをするときのあの激しさに「ただものではない」と思ってましたが、一枚の名画との出会いによって、ここまで考えることができたお節句でした。

たった一枚の絵。しかし、私には、とてつもないインパクトを与えてくれた出会いでした。今年出会えてよかった。



 
|author : 村松 操 | リラックス | 19:00 |
お菓子教室 Parisサロンスイーツと英国王室御用達でティータイム

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

お一人、9個。可愛らしい『シューのフルーツパニエ』、実習していただいております。

そのうちおひとつは、ご希望であれば、ティータイムにどうぞ。

今回のスイーツは、出来上がりすぐにお召し上がりいただくのが一番美味しいです。シュー生地がパリッとして、カスタードクリームとフルーツの美味しさがわかります。

メロンは、くり抜き用に大きなメロンをオーダーしています。まだオレンジ色のメロンは時期としては少し早めですが、皆様がお家で作られる頃には、ちょうどいいシーズンになっているはず。

グリーンキウイも今月になって甘くなってきました。季節を感じます。

先月、ティータイムでご紹介して大人気となった英国王室御用達のクラッカー「カーズ」。私の大好物。これにハマっている生徒さん、お教室に増えました。美味しいものは美味しいのです!

お庭のビオラも、そろそろ見納め。今月いっぱい楽しみたいのですが・・・、無理かな。

咳風邪が流行っているようです。お気をつけになってください。感染しているといけないと思い、病院に行ってきました。大丈夫でした。生徒さんにうつしてしまったら大変だから、すぐに病院に直行します。医学の進歩はすごいです。すぐに結果が出ます。定期的な人間ドック並みの検診も、このお仕事をするようになってから真面目に取り組んでおります。知識も増えました。肉体的な健康を保つ知識も、具体的なケアーも。

フランス語の「パニエ」は「かご」のこと。シュー生地でできたカゴの中に、色とりどりのフルーツが詰め合わせになっているお菓子です。持ち手をつけるヴァージョンもあります。

雨、明日も降るのでしょうか。お日様が恋しくなりそうです。


 

|author : 村松 操 | レッスン | 19:45 |
お菓子教室 ティーパーティー風『シューのフルーツパニエ』

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

今日は風が涼しく、レッスンも快適でした。

明日は真夏日となりそうです。保冷剤をたっぷりお持ちくださいね。

完成個数は、絞りの大きさにより個人差が出てきます。8〜9個の焼き上がりを目指すと、美しい『シューのパニエ』になると思います。

お持ち帰りに便利な小箱や、小さな密閉容器など、しきりのご準備もお忘れなく。

デコレーションはご自由です。

ティーパーティー風の、華やかで、フルーツたっぷりの『シューのパニエ』。いちご、キウイ、メロン。彩りが綺麗だと思います。

私のものと、レッスン当日のフルーツが若干違うと思うから、見本のようにはできないかもしれません。自然のものですのでご理解ください。品質は保証します。フルーツのプロの方に厳選していただいておりますから。

丸みがあると可愛らしいから、メロンをパリジェンヌでくり抜きました。

パリジェンヌの扱いは慣れていないと厄介だから、無理にくりぬかなくても大丈夫です。いちごの丸みを生かす方法もありますし、お一人お一人、デザインを楽しんで欲しいです。

生クリームのお飾りも、お好みでどうぞ。

一番肝心なのは、シューがちゃんとこんもり焼きあがってくれること。カスタードクリーム、たっぷり入れたいでしょ?

お菓子教室のシュー生地、初心者様は、きっとドキドキのことでしょう。お一人ずつ丁寧に実習していきますから、心配しないで。

今月も珍事件が起きそう。いつもなんとかなっているから、今月も大丈夫でしょう!


 

|author : 村松 操 | レッスン | 16:38 |
<< | 2/281PAGES | >>