お料理教室体験レッスン『フランス料理の本格キッシュ・ロレーヌ』

 

本格フレンチの
格別な美味しさ・おもてなし料理教室
ご自宅のスペシャル料理に

【お料理教室・単発体験レッスン】

ご自宅で楽しむ本格フレンチが学べるおもてなし料理教室です。お料理のすべてのプロセスを、役割分担なく、オール実習レッスンできるスペシャル感が人気です。メイン料理のお肉・お魚料理は、お一人ずつ個別に実習。フランスの12ヶ月、エレガントなライフスタイル、お料理の由来やテロワール(地方文化)とともに、スキル・味覚・センスを磨きます。


4月15日・日曜日
11;00〜

5月 5日・土曜日
11:00〜





【お申し込みのご案内】
Parisの高級フレンチ・キッシュ
 

おもてなし料理教室で学ぶ本格派の『キッシュ・ロレーヌ』です。おしゃれ料理でステキなランチに。大切な方との特別なディナーにも活躍してくれます。

3名様まで。女性限定。
体験レッスンサイズ「15センチ型」。
6人前がほどよい美味しさです。
お持ち帰りの箱はご用意しています。

 



ご予約について:
フォーマットをご利用ください
レッスンフィー:1万3000円
一週間以内にお振込み頂きます。
 
ご入金確認をもちまして正式なご予約となります。ご入金後のお日にちの変更・キャンセル(ご返金)はできません。お振込の控え用紙は大切に保管をお願いします。お振込確認の後、ご案内を郵送いたします。お申し込みの注意についてをご確認ください。収録などでレッスン日が急遽変更となる場合には、個別にご連絡し対応させていただきます。



ご入会希望の皆様へ:
Parisサロンスタイルのお教室です。限られた皆様のためのスペシャルなレッスン。特別なお料理教室です。



サロンルール:
サロン内での詳細な撮影はご遠慮いただいております。完成させたキッシュの記念撮影をお楽しみください。レッスン中の撮影・SNSの使用は、衛生上の問題、そして、生徒さんのプライバシーの問題を鑑み、お断りしております。録画撮影・録音もできません。あらかじめご了承くださいませ。


 
|author : 村松 操 | レッスン | 18:09 |
リラ〜ックス 愛犬ハンサムイチローの可愛いしっぽ


 


今日はまた寒い真冬のような朝でした。

明け方からシンシンと冷えてきましたね。イチローが寝床からひょこひょこ出てきて、私の背中にピッタリと自分の背中をくっつけて、くるりと丸まって眠りはじめました。きっと寒かったのでしょう。

犬も人間も、そもそもは群れて生きる生き物です。命を守るために体を寄せ合って体温を保つ。

野生だな〜〜と、少し感激。

フォトは可愛いイチローのしっぽ。半分眠っているため、くるんっ、状態ではありません。安心してるんです。

お庭のパンジーやビオラ、ハーブたちの復活はまだまだ先になりそうです。1月の大雪のダメージ、大きいです。黄色パンジーは元気。白、パステルイエロー、2色のビオラたちは、生きているものの、ぐったり・・・。

声かけをしてあげながら、ゆっくり元気になって、と願っています。

身体を冷やさないように気をつけて、しっかり食べて、お仕事して、いい1日になりますように!

皆様もいい1日をお過ごしください。


 
|author : 村松 操 | リラックス | 09:00 |
フラミンゴの群れ 地中海の向こうはアフリカ大陸です


ヨーロッパへの情熱
ヨーロッパ人になりたかった私の備忘録



すべては「マリー・アントワネット」から始まりました
公式サイトはこちら

 
ヨーロッパ

見えないかもしれませんが、水平線の手前には「フラミンゴ」の大群がおります。

薄ピンク色した水平線の向こうには、アフリカがあるんだな・・・と、この景色を見て思いました。

南仏カマルグ地方での、記念フォト。白い野生の馬を追いかけながら、パチリ。湿地帯が広がり、小さなカタツムリみたいなものがたくさん生息していました。お塩で有名なカマルグですが、それだけではない楽しみのある場所です。

このフォトを眺めていると、心が晴れます。

どこまでも青い空。地中海から吹いてくる気持ちのいい風。日本の南仏と呼ばれる静岡県浜松市のような、カラッとしたお天気。

リゾート地でもある海岸には、夏になるとヨーロッパ各地からたくさんのバカンス客が。私もその一人。海で入って歩いていたら、ひょっとしたらこのまま泳いでアフリカ大陸まで行けてしまうんじゃないか、と、おバカなことを思った覚えがあります。だって、フラミンゴがもうそこにいるのですから!

モンペリエの街で、フラミンゴのイヤリングを買いました。お気に入りです。紐でしばりあげる靴も。クレオパトラがいたら喜んでくれるだろうなと思って。

いろんなことがあるけれど、ヨーロッパの日々が私を支えてくれます。勇気をくれます。

この清々しい地中海からの風が、皆様にもどうか届きますように。


 
|author : 村松 操 | ヨーロッパ | 18:30 |
<< | 2/723PAGES | >>