テーブルコーディネート教室 昼食のテーブルフラワーで自然を

華やかに美しい風景
基本のスタイル・美の歴史・マナーの文化
ヨーロッパの「Lady」がお手本



公式サイトはこちら


朝から、「昼食のテーブル」に合わせてフラワーを準備しておりました。

教室のお庭から積んできた「ケイトウ」。赤く紅葉しはじめている木のもの。テーブルクロスに合わせて、彩りを考えながらお花をセレクトしました。

秋の収穫祭のシーズン。

テーブルには、赤葡萄酒、と言いたいところですが、ノンアルコールの赤ワイン風味のスパークリングジュースで。癖のないお味で、「コンテ」を邪魔しないいいお品物です。

リネンの歴史は、古代エジプトから、ローマ時代、中世の時代、ルネサンス、中央集権国家が誕生するまでを丁寧に辿りながら、テーブル文化の発展と、テーブルクロス・テーブルナプキンの変遷をお勉強していただきました。

フランスとイギリスのテーブル文化の違いが見えてきたり、人類と時代背景とお食事のあり方が見えてきたり。

現代に至るまでの歴史、文化を知ることの楽しみを生徒さんとともに楽しみました。

今日は特別ゲストさんが突然参加されることになり・・・。心配しておりましたが、仲良くしていただき、誠にありがとうございました。私の生徒さんは、素敵なレディーなんだな〜と思いました。


 

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 19:39 |
テーブルコーディネート教室スケジュール
 
華やかに美しい風景を
基本スタイル・美の歴史・マナー・食文化

ヨーロッパの「Lady」がお手本

公式サイトはこちら
テーブルレッスンBLOG



お家に美しい風景があると嬉しくなります。

心も潤い、優しい心も生まれます。

華やかで、上品で、ヨーロッパの香りが伝わってくる空間。お手本は、ヨーロッパの「 Lady 」の世界です。

基本となる5つの食卓を中心に、テーブルコーディネートのポイント、背景となっている欧州の上質なライフスタイル、マナーをレッスンします。

現代のテーブルセッティングの始まりはフランス・ベルサイユの宮廷文化です。ベルサイユのカリキュラムでは、歴史上の人物から学ぶ美意識をテーマに、コーディネートのセンス磨きを楽しみましょう。

女性としての「質」さえもが変化していく喜び、ご一緒いただけたら嬉しく思います。





ご入会受付中のレッスン
 
1月19日(土)
11:00〜13:30
前期カリキュラム2

受講料:1万円

スーペのテーブル
ヨーロッパの大人の社交世界
テーブルエレメント:グラス
食文化:🇫🇷AOCチーズ「青カビ」
*プレゼンテーション

 




お教室10周年の節目を迎え、テーブルレッスンにつきましても、3月よりカリキュラムを少し改編いたします。
受講生の皆様で欠席されているレッスンにつきましては、こちらからまとめてご連絡させていただきます。カリキュラムの詳細は、10周年の様々な取り組みが終わり次第、あらためてご案内させていただきます。(10月15日記)



今後のスケジュール

3月16日(土)
11:00〜13:30
従来の後期レッスン1と2
受講料:1万2000円

ベルサイユカリキュラム:
メディチ家とフランス食卓文化
中世貴族〜ルネサンスへ
王と王妃のベルサイユ(1)
テーブル実習



カトリーヌ・ド・メディチがテーブルの世界にもたらした華やかな世界を中心に、フランスに舞台を移しルイ13世の時代まで、タイムスリップの旅を楽しむようにレッスンします。歴史の流れから、美しいもの、食事を彩ってきたテーブルの文化を学び、私たちの美意識の栄養にいたしましょう。




5月18日(土)
11:00〜13:30
従来の後期カリキュラム3
受講料:1万2000円

ベルサイユカリキュラム:
ロココの世界へタイムスリップ

宮廷文化と食卓芸術の世界
王と王妃のベルサイユ(2)
テーブル実習




7月、9月、11月
月半ば、土曜日に開催します。



2020年
原則として奇数月にレッスン。
月半ば、土曜日です。






*お申し込み*
テーブルコーディネート教室ページで詳細をご確認の上、「フォーマット」からお問い合わせください。

*体験レッスンについて*
スケジュール確保が難しく開講しておりません。


*お知らせ*
この秋、お教室は10周年を迎えます。それにともないまして、テーブルコーディネート教室も少しだけリニューアルさせていただきます。正式には、公式サイトで皆様に公開して参りますが、取り急ぎ、ご報告いたします。

今後は、前期・後期と分けていたレッスンを一本化し、全12回コース(試験除く)、隔月開催、2年間で全カリキュラム修了、ディプロム試験、という流れになります。ご入会は、随時受け付けております。どこからスタートされても大丈夫です。

お休みされた場合や、お支払い方法などに変更はございません。月半ばのレッスン、少人数・完全会員制も続けてまいります。ご受講中の皆様のことを考え、大きなカリキュラムの改変は避けましたが、内容面の充実度は従来通り、もしくはそれ以上になっているかと思います。

レッスンは、山手線の様にグルグルと巡ります。

来年1月のスーぺからご入会される皆様は、ちょうど過渡期にあたりますが、新しいカリキュラムにそのまま残りますので、一足早く新カリキュラムからご受講されているとお考えいただければと思います。1月レッスン、よろしければここからスタートくださいませ。楽しみにお待ちしております。(10月15日記)
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 20:19 |
お菓子教室 イエロー効果・色彩学を生かして美味しそうに


華やかに美味しく
高級スイーツをオール実習レッスン
お一人ずつ・基本から丁寧に




 


イエローのリボンも素敵でした。

ピンク色をセレクトされる生徒さんが多い中、イエローを選んだ生徒さんたち。他にもいらっしゃいますが、特徴的だったお二人のケーキを記録します。

リボンは立体的に。

どこに、どの角度に、どのくらいの大きさで、リボン・デコレーションするのか。

フォトは、私の「査定」の後のものです。

手直しをすると、「そうなんですよね・・・・」と、生徒さん。ローマは1日にしてならず。美意識を磨く練習も、根気よく、毎回のお菓子つくりで鍛えてまいりましょう。



お知らせ・スケジュール

|author : 村松 操 | レッスン | 11:13 |
お菓子教室にて テーブルコーディネート教室・フラワーレッスンの応用

華やかに美しい風景
基本のスタイル・美の歴史・マナーの文化
ヨーロッパの「Lady」がお手本


公式サイトはこちら


9月のテーブルコーディネート教室でレッスンしたフラワーアレンジメントの応用編です。

先週とテーブルフラワーが変わりました。

お花の市場は展開が早く、一週間でガラリと変わることも。今回は、イエローのクロスに合わせました。お天気がなんとなく寂しい雲行きでしたので。

先週は真夏日のレッスンもあったというのに、先週から秋をしみじみ感じてしまいます。

フランスの伝統焼き菓子の中でも、高級感溢れる上品なケーキ

その世界観をともにするテーブルフラワー。簡単に手に入るものばかりでアレンジしました。テーブルコーデでお教えした要領でやって行けば、あっという間にできてしまいます。

美的な感覚、美しさへの感性。

お菓子教室でも、お料理教室でも、どこでも同じように学べます。テーブルコーディネート教室では、テーブルスタイルの歴史や、時代文化、ヨーロッパの上質なライフスタイルとマナーを詳しくレッスンします。

暮らしの潤いといったらいいのかな。気持ちにゆとりが生まれてくる工夫かもしれません。

ゆったりした豊かな時間の流れ、お楽しみいただけますように。

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 17:08 |
お菓子教室 マリー・アントワネット王妃様への贈り物

華やかに美味しく
高級スイーツをオール実習レッスン
お一人ずつ・基本から丁寧に




 


今日は私も作りました。完成直後を、パチリ。

フランス菓子の中でも、大・大・大好きな高級焼き菓子『パン・ド・ジェーヌ』。

アーモンドプードルではなく、マジパンローマッセで。

このお菓子の由来を大切に、形にもこだわっています。

今日は、あることから、マリー・アントワネット王妃様に捧げるケーキについて生徒さんと意見を交わしました。どんなものにしようかな〜、どんなものが私らしいかな〜、とか。生徒さんはサロンのよきアドバイザーさんです。

アーモンドの並べ方。私、自由に、ゆったりしてますでしょ? 

のびのびと、そして、誰よりも優雅で美しかったマリー・アントワネット。王妃様を偲んで、ピンクのリボンをキュッと結び、飾りました。

今日の楽しかったレッスンの記念に、アップ。これからまた新しい10年間が始まると思うと、嬉しい気持ちと、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。
 

|author : 村松 操 | レッスン | 20:18 |
お菓子教室 神々しく優雅に・伝説のお菓子「パン・ド・ジェーヌ」

華やかに美味しく
高級スイーツをオール実習レッスン
お一人ずつ・基本から丁寧に

 


伝説のフランス菓子『パン・ド・ジェーヌ』。

神々しく、優雅に、美しく。

レシピの贅沢さもさることながら、最後の最後のデコレーションまで、神経を細やかに、心を込めて。

天まで届く美味しさと称されたスイーツでもあり、また、敵軍に包囲され3ヶ月もの篭城戦においてアーモンドとお米で命を繋いだという歴史物語が伝えられているお菓子です。

マセナ将軍のことまで入り込んでしまうと、あまりよろしくない逸話も出てきてしまうので、私たち「女の子〜な感じ」のお菓子作りには、戦いにおいて将軍に捧げられたお菓子であるということを知って終わりにしておきましょう。

伝統にのっとって、飾りふちのある型でレッスン。

神々しく、神聖なお菓子としての品格も保ちたく、リボンで優雅な高級焼き菓子に仕上げています。

リボンは、マリー・アントワネット王妃様が大好きだったものです。今、生きていたしたら、このお菓子を眺めて、なんとおっしゃってくださることかしら?

最高級に美味しい、リッチなセレブ系焼き菓子。楽しんでいただいております。

|author : 村松 操 | レッスン | 19:33 |
お菓子教室 Parisの高級スイーツ体験レッスン

華やかに美味しく
高級スイーツをオール実習レッスン
お一人ずつ・基本から丁寧に


 


フランスの華麗な高級スイーツ。

スペシャルで上質なサロンケーキは「美味しくて、きれい!」と人気。役割分担のないオール実習スタイルで、お一人ずつ個別に、落ち着いたレッスンが楽しめます。舞踏会、社交界、キラキラとした心ときめく「フランス」の世界。特別なスイーツをテーマにした高級ケーキ教室です。(10月11日更新)



【次回の体験レッスン】

11月3日(祝土)
13:00〜16:00

休講します。

振替レッスン日:
2019年1月5日(土)
13:00〜16:00
11月より受付いたします。






*お知らせ*
10月のレッスンより、ご本人様確認のできる「お顔写真付きの身分証明書」のご提示をお願いさせていただくことになりました。レッスン前に拝見させていただきます。お手数になりますが、ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。



 

【レッスンご案内】 



初めての高級ケーキに感動、パチリ
 

3名様まで
4名様までに変更。
女性限定。
体験ケーキサイズ:
15センチホール型。6人前。
お持ち帰り用のケーキ箱はサロンでご用意いたします。



お申し込み:
フォーマットをご利用下さい
受講料:1万3000円
一週間以内のご入金をお願いしております。

ご入金確認をもちまして正式なご予約となります。ご入金後のお日にちの変更・キャンセル(ご返金)はできません。お振込の控え用紙は大切に保管くださいませ。お振込確認の後、ご自宅宛にご案内を郵送またはメールいたします。急な収録・講演などにより、やむをえず変更させて頂く場合には、個別にご連絡し対応いたします。

レッスン希望日の記載がないお問い合わせ、ご住所の記載が途中で終わっているお問い合わせにつきましては、ご返信できない場合もございます。お申し込みの注意点について、ご一読ください。


 
サロンルール:
サロン内での詳細な撮影はご遠慮くださいませ。完成させたケーキの記念撮影はお楽しみいただけます。レッスン中の撮影・SNSの使用は、衛生上の問題と、生徒さんのプライバシーを鑑み、お断りしております。録画撮影・録音も同様です。ご理解のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
|author : 村松 操 | レッスン | 08:05 |
お料理教室 美意識勝負・お魚料理の盛り付け!


シェフのように美味しく
上質なものに触れる・味覚とセンスを磨く

オール実習 & お肉お魚はお一人で


公式サイトはこちら




フランス料理教室

お料理は、お菓子のお勉強に比べ、シェフ曰く「フィーリング」が求められます。

自然の生もの相手ですし、お菓子つくりのように、人間がコントロールする喜びよりも、食材と友達となるような付き合い方が多くを占めている気がします。

もちろんお菓子つくりでも、生地の状態だったり、生クリームの状態だったり、焼き加減だったり、瞬時に変化していくチョコレートだったり、目は離せません。けれど、何かがお料理の時とは違う・・・・。

お料理が好きなのは、お菓子作りだけでは物足りなくなる何かがあるから。

なんなのでしょうね。

お料理かお菓子、そろそろどちらかに一本化したほうがいいのかな〜〜と悩むこと、多々あります。・・・しかしながら、最終的にたとえどれかのプロパーになるとしても、支えてくれるのは「3つの力」。スイーツ、フランス料理、ヨーロッパの上質な食事をともなう舞台・テーブルメイク(テーブルコーディネート)です。

自身の身体を分割できないように、どれかだけに絞ることはできそうにありません。

尊敬するシェフは、悩んで悩んで料理の道を最終的に選んだそうです。そうしたシェフが編み出すコース料理だから、デセールが料理を完成させ、一つの美しく美味しい物語世界のようなフランス料理を楽しませてくれるわけです。レストラトゥールでもあるシェフ。私もそうした境地にたどり着きたいです。

さて、美意識勝負だったお魚料理の盛り付け。

さりげない緻密な計算。さながらレオナルド・ダ・ヴィンチのように。

ヨーロッパの香りを思い起こしながら。思い出の地、スペインでの日々を思い出しながら。療養のために長期滞在していたホテルレストラン・シェフの優しい気遣いが、このお料理を作るたびに蘇ってくるのでした。


 
|author : 村松 操 | レッスン | 09:13 |
| 1/296PAGES | >>