<< お菓子教室 焼き菓子の魅力・この艶と香り立つ焼き加減 | main | キムタクTBSドラマ『グランメゾン東京』見てます? >>
楽しかったお菓子教室フォト、あれこれ


役割分担なくお一人ずつ
高級スイーツをご自身で作ってみましょう
オール実習レッスンで基本から

 

これは和菓子ではありません(笑)。

お持ち帰り風景にも、生徒さんそれぞれの形があり、思い入れがあり、眺めていて素敵だな〜と思っております。

綺麗に並んでいるお菓子。出来栄えももちろんながら、お菓子箱を常日頃から保管され、焼き菓子レッスンに備えていらっしゃるんだな・・・と。これを風呂敷に包んで、和服でお持たせお菓子にしてお訪ねしたら、あ〜らびっくりのサプライズになるかも、などなど面白いことを想像して楽しんでしまいました。

イチローのこの顔も、久々の「白目犬」状態。甘〜い美味しい香りにたまらず降りてきたもののお教室には入れず、おこぼれももらえず、「俺様はスネてやるーーーーー」とばかりに、私を睨みました。
 





 

こちらのお花のようにお飾りしてくれた生徒さんのフォトも、大切な記念フォトとなりました。

可愛いくて、遊びココロがあって、上品でもあって、お菓子は上手にできているし、大満足だったのだけれど、いかがでしたでしょうか?

来月のお菓子教室は、オーストリアのお菓子レッスンです。ウィーン菓子の魅力、オーストリアの歴史文化も含めて、お菓子作り、楽しみましょう。お待ちしております。
 
|author : 村松 操 | レッスン | 19:22 |