<< 東京コレクション2019「デザイナーの使命は感情を創造し共有すること」 | main | 癒されます〜 ハンサム柴犬イチローくんの寝顔 >>
時代を超えて愛され続けるフランス伝統菓子は、縁起もの・運のいいもの



フランスの伝統菓子の祭典
『ガレット・デ・ロワ』の品評会にて



公式サイトはこちら



お菓子教室の皆様へ

こちらは以前、フランス大使館・大使公邸で開催されたパーティーでの様子です。

麦の模様がほどこされた「ガレット・デ・ロワ」です。その年の豊作を願い、人々が祈りを込めて描いてきた模様です。

昨年、今年と大型台風が日本列島を襲い、いまも甚大な被害が次々と報告されています。クリスマス準備のために果物のオーダーを始めておりますが、かなり影響が出てくるとのことです。

ヨーロッパのお菓子、とりわけ時代を超えて愛され続け「伝統菓子」として現代にも伝わっているお菓子には、由緒正しい製法と形が定まっております。

ガレット・デ・ロワもその一つです。

私もよく麦の模様をつけます。自分のお菓子の写真が少なく、シェフの方々が作ったガレット・デ・ロワのフォトがたくさん保存されていたので、そこからアップします。

今ほど、このお菓子の存在の大きさを感じることはありませんでした。

お菓子作りはお菓子作りに止まらず、平和や、生きる力や、生命につながることでもあるのだと、大げさかもしれませんが思ってしまう私なのでした・・・。



 

|author : 村松 操 | レッスン | 20:24 |