<< フランス地図みたいなお料理「シェ・オリビエ」市ヶ谷にて | main | お勉強はまだまだ続きますが、レッスン再開します >>
取材を終えて 生活芸術家として・テーブルコーディネーターとして


日曜日にシェフのレッスンを無事に終えました。そして、昨日はある取材がありました。

取材というものは不思議なもので、気づき、をたくさん頂戴します。なぜテーブルコーディネート教室を主宰しているのか。

一度話したことを一晩考えて、直感で言っていたことの裏ずけを自分でする、そんな作業を繰り返していくうちに、私の本懐のようなものに出会うことがあります。昨日はまさにそうした日でした。

記者の方が熱心で、真摯で、心の美しい方であったことも、お互いにとって素敵な出会いになったのでは?、と思っております。

テーブルコーディネート、これは私の根幹でもあります。フランス的な生きる術を伝えている側面もあります。

人生にはいいことばかりではありません、山あり谷あり。どんな時でも、美学を持って生きること。王妃マリーアントワネットをはじめ、多くの貴族が断頭台で毅然として死に立ち向かったあの気丈さが、究極の優雅さなのではないかと、最近思うのです。

お教室の飾ってあったマリーアントワネットの肖像画の配置を変えたこと、気づいていますか。メインに革命直前の王妃の肖像画を持ってきた理由はそこにあります。

とりとめものないことを書いてしまいました。皆様の心に少しでも響くものがあれば幸いです。



 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 13:16 |