<< お菓子教室 36回の実習終了・おめでとう・上質な経験という宝物 | main | お菓子教室 レッスンの後に・お庭のビオラとパンジー >>
お菓子教室 シュークリームが上手になるには?

お一人ずつ個別に完成
世界に一つ「私がつくったフランス菓子」
できた!、嬉しい、キレイ!

 

先日、どうしたら「シュー(シュー生地)が上手になるんですか?」と質問を受け、「いっぱい作ることじゃな〜い」と言ってしまった手前、昔のフォトを覗いてみました。

雑誌『CLASSY』の撮影の時だったと思います。

南青山で開催させていただいたスイーツセミナーでも、ご試食用にかなり作りました。その経験を踏まえて『CLASSY』には、アニバーサリーなスイーツをと思って、最初に巨大な『クロカンブッシュ』を生徒さんと一緒に作りました。が・・・・、突如崩壊。せっかく完成させた作品がご破算に。あらためて撮影となり、徹夜でシューを数百個用意し、朝から作品作り。無言。ひたすら。マシンのごとく手が動き。迷いなく。etc。

泣きたくなりましたが、振り返ると、シュークリームに慣れるための出来事だったのねと思っています。

上のフォト、面白い表情してますね。(えっ? 違うの??)という顔つき。私らしい、おとぼけフォト。

上手になるには、上質なものをたくさん完成させること、じゃないかしら。

レッスンでずっとそうしてきたように。数を作ったからとお答えしましたが、クオリティー。質の問題と経験の数の問題のような気がしてきました。追い込まれる体験と言ってもいいでしょう。

崖っぷちに立たされると、人間、成長するものです。そこで学ぶのでしょうね・・・。



お知らせ&トピックス
|author : 村松 操 | レッスン | 20:18 |