<< お料理教室 これすっごくいい、を皆様とご一緒して! | main | 5月1日 新しい日本の始まりとフランスのスズランの日 >>
皇后美智子様 お声の妙なる美しさ・心動かされ励まされ

 


今日は平成最後の日です。

昨晩からの雨が今は静かになり、小鳥がさえずり始め、お空も明るく、うっすら日差しも感じられます。

天皇陛下、皇后様の最後の神事のお勤めがあるとニュースで知りました。まるでそれに合わせるかのようなお天気の回復です。平成30年間。私にとっても、この30年の月日の重みは大きく、長かったような短かったような、充実していたとも言えますし、難題に立ち向かわざるを得ないことの連続だったようにも思えます。

そのような人生の流れにおいて、皇后美智子様のお言葉には、常に支えられて参りました。

メディアから伝えられるお心のこもったお言葉。深い意味を感じないではいられませんでした。人生の複雑さ。若い時に耳にしたその意味が、ようやくわかるようになりました。

人の持つお声の力。それに気づかせていただいたのも美智子さまと出会うことができたからでした。

美しいお声。天からキラキラとした光が注いで、お声となって、言葉を超えた美しいハーモニーが奏でられているように思いました。

人を励まし、明るい気持ちにし、力強く、心を支え、大丈夫だと思わせてくださる。

安心していいのですよ、見守っています、祈っています。

声を持ち、言葉を操る人の営みとして、なんて美しいことなんだろうと心震わせた日。元号が変わろうとも、大切なものは次代に引き継がれ、私の思いも消えることなく、糧としてこれからも支えとなり続けてくれることと思っています。



 

|author : 村松 操 | その他の活動 | 09:48 |