<< テーブルコーディネート教室 フィレンツェとメディチ家とカトリーヌ姫 | main | お菓子教室 アルザス・ストラスブールのお菓子屋さんみたい >>
テーブルコーディネート教室 お城での静かなる時の流れとともに


欧州から学ぶ「エレガンス」
テーブル&マナー、美の歴史、食文化、他


 
公式サイトはこちら
テーブルコーデのスケジュール



生徒さんたちによるテーブルコーディネートです。

食卓を構成するエレメントは、私の方でご用意し、簡単なディレクションもします。あとは、生徒さんたちにお任せ。

意見がまとまらなければ、先生登場。論理的に、なぜそうした方がいいのか、答えを与えながら、テーブルコーディネートのステップアップにつなげていきます。

今日も楽しかったです。

前半の講義内容がしっかりと反映されたテーブルの完成に、私は密かに感動すら覚えておりました。素晴らしいことです。

見た目よりも高度な技術を必要とするテーブルセッティング。

見てくれる人は、しっかり見てくれます。今まで、いろいろなテーブルを作ってきましたが、毎回、そうした経験を積ませていただきました。

メディチ家が残した文化的遺産と言ってもいい「ルネサンス」。戦争を無くし、平和を願った食卓外交から、やがて、優雅な紳士淑女のテーブルマナーの世界が生まれていきます。

歴史を知ると、テーブルセッティングに奥行きが出てくるものです。隠されている意味を知りながら創作すること、少しわかっていただけたでしょうか?

興味を持ったことからでいいので、ご自身の毎日の楽しみへと取り入れてもらえたら嬉しいです。





お知らせ&トピックス
体験レッスン(お菓子・料理)
テーブルコーディネートブログ

祝10周年・新しい一歩として
グランディプロム
祝10周年・記念コース
コーディネート教室改編のご案内
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 19:45 |