<< テーブルコーディネート教室 お城での静かなる時の流れとともに | main | お菓子教室 休憩タイムのお楽しみ・むきたてクルミのサラダなど >>
お菓子教室 アルザス・ストラスブールのお菓子屋さんみたい

 

高級スイーツ専門
ゆったり「オール実習レッスン」で
お一人ずつ・すべて学べます






公式サイトはこちら
お菓子教室のご案内ページ



アルザスを思い出すリュバーブのタルト。

こんな風に並んでたな〜と、記憶が戻ってきたり、アルザスのそのほかの美味しいお菓子やお料理に話題が広がったり、地形のお話や、ドイツとの歴史まで。お菓子つくりから続く話は尽きないものです。

それにしても、この出来栄え。

これならば、どのようなおもてなしのシーンでも皆様からおよろこびいただけることと思います。

リュバーブは、日本でも一時期着目されましたが、すぐにブームは去り、またすみに追いやられている感じ。本当の美味しさに巡り合ってもらえる前に忘れ去られてしまうもの、ほかにもたくさんありますよね・・。

今日のようなお天気がいい日には、このリュバーブのタルトの美味しさがいっそう増します。

ちょっとだけ、ちょっとだけ、と言いつつ、お口にしてしまいます・・。

春から新緑の季節には、穏やかな太陽の日差しとお菓子が恋しくなります。毎日の暮らしのちょっとした贅沢時間です。



お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | レッスン | 16:43 |