<< 第13回浜松シャンソンコンクール 応募締め切り6月30日 | main | 時代を超えて愛され続ける伝統のお菓子 ガレット・デ・ロワ献上式典 >>
ハンサム柴犬イチロー 僕は女の子ではありません!




かわいいイチロー。よく女の子と間違えられますが、男の子です。

階段の上から、こうして階下を眺めるのが彼のお得意ポーズ。このアングル、お気に入りです。

イチローは上から撮るより、こうして下から撮ってあげるとハンサムがより引き立つ、と、親バカならぬ犬バカになっております。

私の様子をこうして観察してくれてるイチロー。

何を考えてるのか「さっぱりわからない」ことが多いけれど、柴犬の可愛らしさは独特です。

サメで言ったら「ジョーズ」並みの I.Q 、とトレナーさんから言われたことがあります。「ママ、しっかりしないとナメられますよ」と助言された通り、イチローは俺様柴犬となってしまいました。

ちょこんと両手を揃えて、おすまし。

なになに〜、俺様になんか用でもあんの〜?、的な顔つき。

犬のいる暮らしはいいものです。癒されます。



 

|author : 村松 操 | リラックス | 19:19 |