<< フランス伝統菓子の祭典 ガレット・デ・ロワの大使館パーティー | main | お料理教室 おしゃれな春のおもてなし料理・お魚編 >>
お料理教室 お魚の火入れレッスン・皮をパリッと

「こういうのが食べたかった」
役割分担のない・オール実習レッスンで
「本物」から学ぶお料理の楽しみ

 

お魚料理の頑張りどころは、皮をパリッと焼き上げること。そして、ジューシーに仕上げること。

フォトは私のものですが、生徒さんたちも全員成功!

小麦粉をつけるというのが定番のようですが、そのようなことをしなくてもすむ調理法があり、それを実践して頂きました。皮もはがれませんし、自然なパリッと感も人気。小麦粉をつける手間も省けます。

伝統的な、正統派のお料理の方法論は、実は、プロセスをシンプルにし、洗い物を増やさず、合理的でもあったりします。ただし、本物のスキルを身につけるには、それなりの努力(学び)は必要。

幼い頃から習いことをいくつもしてきて、その度に素晴らしい先生に巡り会え、そこから学んだことは「正攻法」の価値でした。

美味しい食事が自分でできるようになれば、そこから暮らしがガラリと変わります。

小さなことからコツコツと、お料理上達のポイント、お伝えしていきたいなと思っています。



 
|author : 村松 操 | レッスン | 18:55 |