<< ブログのリンクに「ロワールのお城」を追加 見てね | main | お料理教室 お魚の火入れレッスン・皮をパリッと >>
フランス伝統菓子の祭典 ガレット・デ・ロワの大使館パーティー

第二の故郷フランス
伝統の食芸術がつなぐ日仏の友好


 


フレンチガストロノミー

今年も、東京広尾、フランス大使館・大使公邸にて、『クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ』主催によるパーティーが開催されました。

表彰式、そして、たくさんのガレット・デ・ロワの試食、お集まりの皆様との交流など、新年をフランス菓子愛で満たすステキな催しです。

伝統菓子の本来の魅力や文化を大切にする、というクラブの趣旨の元、正統派のガレット・デ・ロワとその文化の普及にふさわしい作品と出会える貴重な式典です。伝統菓子の奥深さを知っていただきたいと願っている私にとって、このクラブの存在は大きく、ご一緒させていただけることにありがたさを感じないではいられません。

フランス菓子のみならず、ヨーロッパを代表する由緒正しきお菓子には、定まった形があり、名称も決まっています。

お菓子のルーツを知っていただきたい、そして、お菓子は欧州の文化遺産なのだということも知っていただきたい。そんな思いを強くしてくれた貴重なパーティーでした。

私も、現代の流行は踏まえつつも、根幹にあるヨーロッパ・フランスの歴史文化が伝わるお菓子、お料理、テーブルコーディネートを心がけています。

形には意味があります。模様には祈りが込められています。

どんなに時代が移り変わろうとも、人々の願いは同じ。幸せであること。祈りです。お菓子に秘められた不思議な物語を広めながら、これからも一層、お教室主宰に励もうと思った一日でした。


 

お知らせ&トピックス
体験レッスン(お菓子・料理)
テーブルコーディネートのレッスン日

祝10周年・新しい一歩として
グランディプロム
祝10周年・記念コース
コーディネート教室改編のご案内

|author : 村松 操 | フレンチガストロノミー | 08:05 |