<< 初午・節分・立春 新春を迎える準備・気持ちを整えて | main | お菓子教室 カカオバリー社の高級チョコレートで >>
おしゃれな演出 2月に鑑賞する木蓮の絵画 


2018年から、ある個人コレクターさん所有の絵画を鑑賞させていただいております。

今までの作品については、ブログカテゴリーのリラックスに含めてあるものもあります。洋の東西を問わず絵画作品を愛でる気持ちが通じる方との幸せな時間でしたので、その思いを込めて、気の向いた時にふれてきました。

今月は、木蓮の絵画でした。

春に咲く木蓮のお花。節分、立春というこの時期に合わせて、この作品に巡り会わせていただけたこと、にくい演出だなと思いました。

コレクションとの対話は、持ち主との対話でもあるわけで、毎回、毎回、新しい心の内を拝見させていただいているようなものです。こういう人と人との交わりは、趣のある、大人のお遊びの時間でもあり、生活芸術という言葉にふさわしい時の刻み方と言えるだろうと感じています。

木蓮のかぐわしい香りが絵を通して伝わってくるようでした。季節に合わせて楽しむ。これは、日本画を生かしてあげる方法でもあり、心のゆとりの現れでもありますね。

お互いに感性が似ているせいか、どの作品においても会話が弾み、止まることなく、次から次へと文化的、歴史的なストーリーのやりとりが生まれています。作品との美しい出会い、堪能させてもらっています。

芸術作品を愛でるとは、作品の世界を生き、それを生活芸術へと高めていく心の鍛錬にある。日頃からそう考えているせいか、コレクションとの出会いは、精神的に私を大きく豊かに変身させてくれました。芸術には力があり、人を育て、影響を与え、操ることさえできるわけです。

いにしえの王妃様たちが、宮殿の廊下にずらりと並ぶ歴代の王様や王妃様、王族の方々の肖像画を感じとりながら、優雅に歩みを進めていた決まりごとは、王妃としての自覚を促したり、心を整えたりなど、高次の意味合いがあり、されていたことでした。毎日の日課は、その人となりを完成させます。それを助けていたのです。

それにしても、木蓮のあの絵は、日本の美を思わせる、はんなりとした美しさが印象的でした。色使いも優しく、やっぱりいいな・・・と「和」の魂が芽吹くのを感じておりました。



 
|author : 村松 操 | 美術への招待 | 19:58 |