<< ハンサム柴犬イチロー お利口犬「男は黙って」顔 | main | テーブルコーディネート教室 カルテットをテーマに・厳かな欧州クリスマス >>
お料理教室 美味しくて・きれいで・センスがいいと言われたい!


美味しく・きれいに
お料理が楽しくなるためのスキル磨き!
オール実習レッスンです



公式サイトはこちら


オーブンで焼い上げた後、丸鶏を解体して、それからきれいに盛り付けします。

もも肉、胸肉。モモ肉は、膝上とひざ下の両方でお味が違いますから、全部で美味しさは3種類楽しめるように解体!

骨の構造と、お肉のつき方を学び、その論理に沿ってナイフを入れて、きれいに骨から各部位のお肉を切り出します。そして、それから美しく盛り付けようにカッティング。

オシャレ料理で、美味しくて、上品なおもてなし料理に!

生徒さんたち、頑張っておりました。

冒頭は私のフォトです。生徒さんのはこちら。綺麗に写っているものをセレクトしました。楽しかったレッスンが思い出されますね。








 

お料理を始められて間もない生徒さんも、なんとかこなしてくれました(写真一番下)。

切り分けるだけでも大変なことです。お料理が冷めないうちに、パパッと盛り付けていく練習は、毎回のごとく、いい訓練になりますね。クレソンをたっぷりと。グリーンの使い方も丈夫になってきました。

お料理に慣れてらっしゃる生徒さんたちも、頭でわかっていることと、現実に素材を目の前にして盛り付けるのとではギャップがありますから、ローストチキンというお料理は「盛り付け」が勝負。バシッと決められたら大喜び、となります。



 


イタリー製のベルです。サンタさんと一緒に飾りました。

とってもいい音がします。リリリ〜ン、と鳴らして、お教室にヨーロッパの音色を響かせました。独特の音なんです。

今年もいっぱい美味しいお料理レッスンしてきたつもりです。皆様の一生ものの財産となってくれたら嬉しいなと思っています。家庭料理の定番に。自慢のおもてなし料理に!

大切な人と一緒に、美味しいものを、心豊かな雰囲気でいただく幸せ。大切だなと思っています。


 
|author : 村松 操 | レッスン | 10:58 |