<< お料理教室 ステーキサーモンのグリエ・てんやわんやの大騒ぎ | main | お料理教室 お嬢様もマダムも大奮闘・グリエ料理のデコレーション >>
お料理教室 ステーキサーモンの成形


シェフのように美味しく
オール実習スタイル・お肉お魚は一人ずつ
お家のキッチンで本格フレンチ


公式サイトはこちら


昨日の続きです。ステーキサーモンのグリエ、成形の途中で、パチリ。

サーモンの脂がほどよく落ちて、身の厚さはおおよそ2/3ほどに。お教室では「ブルーサーモン」をご用意しました。もしも運良く「キングサーモン」が手に入るようであれば、ぜひ!

ブールブランソースとの相性がいいサーモン。

舌平目のお料理をこの前しました。あの時も、お魚とおソースとの関係性についてお話しさせていただきました。フランス料理はおソースに特徴があり、美味しさを楽しむ大きな要素とも言えます。

ステーキカットのサーモンを、丁寧に丁寧に、美しく成形。こんなに手がかかるのね・・・・という感じかもしれないですが、そうやってシェフがしてくださったお料理をレストランでお召し上がりになっているのですよ、と、お伝えいたします。

実際に、自分で経験してみて初めてわかること。人生経験と一緒です。

お料理教室って、お料理を通して、豊かさを見つけたり、心遣いに気がついたり、いろいろな学びをしている場所なんだと思っていただけたら嬉しいです。



お知らせ&ごあいさつ
|author : 村松 操 | レッスン | 08:51 |