<< お料理教室 上質な食材に触れる・味覚とセンスを磨く | main | テーブルコーディネート教室 お花を慈しみ、お食事に豊かさを >>
テレ朝ドラマ『ハゲタカ』 邪念なき勇者としての魅力に感動


TBSの『義母と娘のブルース』と並ぶ、私の中での大ヒットが、テレビ朝日ドラマ『ハゲタカ』。

原作を知らなくてよかった。知っていたらもっと違った感想を持っていたかもしれません。米倉涼子さんの『ドクターX』がなくなってションボリしてましたが、全然大丈夫になってしまいました。迫力がすごい。それに、なんて勇敢な人なんだろうと、私はあの主人公に共感しています。

まだ生きています、この決め台詞。重いな〜と思います。

絶対に何があっても這いつくばってでも生きる。ドラマの中でも、泥水をすすってでも生きるべきであったと、自らの父親を批難するシーンがありましたが、その本懐は、父親と同じ道を歩ませたくない、歩ませるような羽目にさせる者は許さないという信念が、彼を突き動かしているように感じました。

単なる壊し屋ではないし、そして甘ったれたことを言ってくる者へはバッサリと切り捨てる。なぜならそれが彼なりの成長のさせ方だから。scrap アンド bird。まさに今の私たち日本人にとってはキツイ言葉ですが、そうでもしなければ国際競争に負け、惨めな国となって行く、その様を見たくもないし、その一員でもありたくない。そんなメッセージが聞こえてきました。

東京大学の国際ランキングは約50位。ハーバード大学への進学率もこの30年間でかなり減りました。ここで巨大地震などが起きたら、世界の最貧国となってしまうのかと思うと、自らの力で生き延びる道をつけ、羽ばたけ、という『ハゲタカ』精神は、私たちを勇気づけてくれるものであるかもしれません。

何しろ、邪念がないのがステキ!

奇しくも、「サムライ・ファンド」という会社を立ち上げた時には(最終章では彼は辞めています)、『義母と娘のブルース』でハマってしまった綾瀬はるかさんの武家風キャラとあいまって、「わ〜、シンクロニシティ!」と一人で騒いでおりました。私の中にも連綿と流れている武家の血。この2つのドラマによってふつふつと熱くなり、邪念なき者へ捧げるブルース、とでも申し上げたらいいのでしょうか、気持ちを綴りたくなりました。

信念を持つこと。曲げないこと。あきらめないこと。ブレないこと。

邪念を排し、自らもそこへ陥らないこと、関わりを持たないこと。

視聴者に人気があるのも、そうした人物を世の中が求めているからでしょう。あの二人だったら信じられる。あの二人だったら一緒にいたい! 終わってしまうのが悲しいです。ドラマからいただいた魂をぎゅっと握りしめ、これからの人生と仕事に生かしたいと思います。素晴らしい作品、ありがとうございます。


 
|author : 村松 操 | リラックス | 17:00 |