<< 美食の女王 カトリーヌ・ド・メディシス | main | お料理教室 特別な日に、ちょっとおしゃれな家庭料理 >>
お料理教室 ハモンセラーノとセージの豚フィレ肉ロール


美味しく上品に
スペシャルなお食事会を楽しみながら
スキルアップ・センスアップ



公式サイトはこちら

8月はお肉のメイン料理レッスンでした。『豚フィレ肉のロールケーキ風』。

スペインのハモンセラーノ。セージ。お気に入りのイタリーのお塩、世界最高峰と称されているコショウ。上質な豚フィレ肉をさらに美味しく仕上げてくれる4つの要素と組み合わせています。

フォトは私が最後に復習も兼ねて作ったものです。

レッスンをしていると新たな疑問が生まれます。自分で作る分にはこれでいいけれど、生徒さんだとどうしてああなるのか・・・。スキルに差があるのだから当然のことなのですが、そこを見つめて行くと、新しい方法論が見つかったり、新しいレシピに繋がったりします。

自分の手際を再確認したり、スピードが落ちていないか(スキルが落ちていないか)その確認にもなります。楽しい作業です。

思っていたようにできてホッと一安心。パチリ。

メインのお肉料理またはお魚料理、そして、そのおソース、さらに、付け合わせのお料理1〜2・3品。これによってフランス料理のメイン料理は構成されています。この組み合わせが大事で、味付けのほどあい、それぞれを引き立てあっているかどうか、感覚的なところと向き合う大事な作業です。

すべては「ヨーロッパ人」であり続けるため、「フランス人」としてありたいため。

海外の生徒さんから、正統派のフランス料理が求められていること、嬉しく思っています。文化に対する情熱は、かつて私も経験しておりますから、よくわかります。

フランス料理とテーブルマナー、テーブルメイキング(テーブルセッティング)は切っても切れない関係にあります。フランス料理への理解が、さらなるテーブルコーディネートの楽しみへと誘ってくれることを願いつつ、このブログを書いています。



お知らせ&トピックス
|author : 村松 操 | レッスン | 09:03 |