<< テーブルコーディネート教室・後期 銀器の磨きのお願いです | main | 真夏のストラスブール 運河をのんびり夏クルーズ >>
大使館パーティー 煌びやかに美しくスイーツ王国フランス


第二の故郷フランス
ヨーロッパの「Lady」の世界を皆様へ
食文化がつなぐ日仏の友好


 


フレンチガストロノミー

スイーツ王国フランス。その美しさは、煌びやかで、キラキラ輝く宝石のようでした。

映像の世界かと思うほどに、綺麗。

スイーツ、デザートにかけるフランス人の意気込み、食文化、歴史が、そのまま形になったのがフランス菓子です。他のお菓子とは一線を画する品格。その魅力を伝えたくてお菓子教室を主宰しているようなものです。

これいいですよ、こっちのも美味しいわよ、えっそうなんですか。

あちこちで情報が飛び交い、女性はもとより、ダンディーな紳士の皆様も溢れんばかりの笑顔で、みんな幸せ。

舞踏会のテーブルを囲むウキウキ感のようなものがこみ上げてきて、ここはフランスなんだ・・・・と、心がほっこりいたしました。

 



 


黒の卵の殻(?)が特徴のスイーツ、格別の美味しさでした。

生まれつき美味しいものへの嗅覚には鋭いものがあり、自信はありましたが、今回も外しませんでした。はしたないですね・・。興味深いものだらけでお腹がいっぱいだから、デザートは厳選しないといけないのです。

周りにいた方々にお声がけして、一緒にほおばる幸せ。

フランスの食文化で日仏がつながる祝賀パーティーならではの喜び。スマートな会話を楽しむ大人の世界。上質な社交の場には、洗練された美しいフランス菓子がお似合いです。

グレープフルーツのゼリーもありました。リキュールをきかせているのはさすがフランス流。プルプル感も自然で、手の込んだお仕事ぶりがうかがえました。





 


プチ・フールの世界。

テーブルコーディネート教室では、アフタヌーンティーや、ディネのレッスンなどで、折につけ、その文化的意味合いをお伝えして来ました。

この「プチフール」があってこそのフランス食卓文化。上流社会のスイートな象徴と言っても過言ではないでしょう。

プチフールは小さな宝石。ジュエリーボックスを開けた時のような感激と、完璧なる美しさ。パリコレのショーの様に、何もかもが究極なまでに計算されている美の世界なのです。

煌びやかで、美味しく、ヒトの気持ちを高揚させるデセール。

流行は流行として、伝統は伝統として、それぞれのスイーツの魅力を知っていただきたいです。日本の皆様にはもちろんのこと、アジアの国々の皆様にも。




Blogプロフィール
公式サイトプロフィール(〜2016年5月)
|author : 村松 操 | フレンチガストロノミー | 10:45 |