<< 遠方より友来る お盆休み・第二弾 | main | 日仏交流160周年・お教室は10周年 >>
フランス大使館パーティーにて オリビエシェフとマダム

ヨーロッパへの情熱
本気でフランス人になろうとした私の
スペシャルなサロンレッスン


 

フレンチ・ガストロノミーレッスンでお世話になっている『シェ・オリビエ』のオリビエシェフとマダムです。

フランス大使館にて、5月のレッスン以来の再会。嬉しかった〜。

シェフもマダムもとってもお元気でしたよ。そして、お料理の美味しこと、美味しいこと。もう一皿いただいてもいいですか、と言いたかったけれど、我慢しました。たくさんの方々に『シェ・オリビエ』のフレンチを味わっていただきたかったから。

ホタテのポワレとアスパラガスとビーツ。他にもたくさんの食材が絶妙なハーモニーを奏でておりました。真似した〜い。

味覚には自信あり。実験を100回すれば、それらしきものに到達するかも・・・ね?

周りいらした皆様とご一緒に、顔を見合わせて、微笑み合いました。本格派のフランス料理を囲み、和やかな平和が生まれる様は、まさに食卓外交の世界でした。

フランス国に貢献し、人々を幸せにし、その喜びがまた新しいお料理への情熱となる。素晴らしいな・・・と思いました。

みんなに向けて、笑顔でパチリ。

味はしっかり覚えてきたから。夏の前菜として、ランチとディナーでオーダーできるそうなので、もう一回リサーチをします。今年のグランレッスンあたりで、みんなで挑戦してみましょうか?


 
|author : 村松 操 | レッスン | 18:55 |