<< お料理教室 夏のおしゃれな本格フレンチ:ヒラメ編 | main | お菓子教室 カサブランカとイタリーでの思い出話し >>
お菓子教室 パッションフルーツの夏のバカンス風

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

南仏の夏のバカンス。

美しく着飾ったパリからの人たちと思われる方々が、夜に集う高級レストラン。社交の世界。そんな思い出が鮮やかに蘇ってくる高級ケーキ。

とってもセクシーだと表現してくださった生徒さんがいらして、人間の想像力って素晴らしいんだなと思いました。

あの場にいらしたわけでもないのに。思い出が共有できる嬉しさ。感動が分かち合える幸せ。長いお付き合いとなる生徒さんとは、自然と感性が似てくるものなのでしょうか。

私のアントルメは、ゼラチン量が皆さんのよりも半分近く少なく作っています。グラサージュには入れていません。

生徒さんの実習なさるものはお持ち帰りを考量して、私オリジナルのレシピを変えてレッスンします。味、食感に差が出ます。見た目も違ってきます。美味しいことは大事ですが、この暑さです、無事に持って帰れること、美しさを損ねないことを優先さえていただきました。

保冷剤は先日もお伝えしましたが、しっかり固めて、たくさんお願いします。お持ち帰りの準備は手抜かりなく!

オリジナルレシピを更新し『モンペリエの美魔女ケーキ』と命名しました。私の描くフランスの大人の優雅な世界がスイーツで発信できたらいいな・・・と、夢を描いているところです。


 

|author : 村松 操 | レッスン | 18:36 |