<< シェフレッスン 一流の人の傍らにいられる喜びに満ちて | main | お料理教室 キラキラおしゃれなパーティー料理・アミューズ >>
感動は一週間後も続いたまま シェフレッスンの大きな成果 


最高のフランス料理に出会う
第7回 フレンチガストロノミーレッスン

市ヶ谷「シェ・オリビエ」にて開催

 

 

サロン部門主催:


私も今日、「一週間前はオリビエのレッスンしてたんだな、楽しかったな・・・・」と、ときおり思い出しては過ごしておりました。

同じ気持ちだった生徒さんから、フォトをいただきました。以心伝心?

彼女のメール、とても素直で、シェフと一緒に「ガストロノミーレッスン」続けてきてよかったと思えました。タイミングよくお写真送ってくれて、どうもありがとう!

シェフがおソースを注いでくれているところだそうです。さぞ、嬉しかったんでしょうね。そういう気持ち、素敵です。

私のカメラがバッテリー切れになり、ほかのカメラで撮ったお写真から厳選して、こちらもアップしますね。盛り付けシーンです。ということは、面白い話が出てくるというわけで・・・。
 




 


生け花じゃな〜い、とシェフから言われて、みんなで大爆笑。

高級フレンチの手間暇かかったお野菜のピュレ。そこに、ハーブをちょこんと飾るのですが、それがおかしくって、おかしくって。どう見てもヘンテコな出来栄えに。「もういいから、次、行こう。GO、GO!」とゲキを飛ばしておりました。



 


ピュレの絞りそれすらが、上手にいかないのですから、ましてや、美しい空間を作り出すセンスが求められるデコレーションとなれば、「笑ってごまかすしかない」。

なんだかんだ言っても「よくないわけではない」だったかな、シェフからの激励もあり、みんなでまた爆笑。と拍手。

お教室のレッスンでも、私が拍手好きのためか、よくみんなで拍手して楽しみます。



 


最難関だった前菜。フォアグラ料理の組み立て最中です。

すでに、ここまでくるのに時間かかりすぎなんですけど、このカブがね・・・。そんなに簡単にいうことをきいてくれず。シェフがパパパっと、簡単にしているのが「凄いんだな〜」と実感できたと思います。

メモを取ってくれていたので、そのメモ付きレシピを7月にはお渡ししたいなと思う次第です(できるかな?)。それから、集合写真もその時に添えますね。

レッスンフォトは、整理に時間がかかりますので、気長にお待ちになってください。すみません。

5月のお料理教室が始まりました。美しい一つのテーブルを演出。お料理も美味しく出来上がっております。最高級の美味しさと、洗練された美意識を求めて。永遠のテーマかな。



お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | レッスン | 17:58 |