<< お菓子教室 ティーパーティー風『シューのフルーツパニエ』 | main | 端午の節句を終えて 鯉はなぜ登竜門に臨んだんだろう >>
お菓子教室 Parisサロンスイーツと英国王室御用達でティータイム

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

お一人、9個。可愛らしい『シューのフルーツパニエ』、実習していただいております。

そのうちおひとつは、ご希望であれば、ティータイムにどうぞ。

今回のスイーツは、出来上がりすぐにお召し上がりいただくのが一番美味しいです。シュー生地がパリッとして、カスタードクリームとフルーツの美味しさがわかります。

メロンは、くり抜き用に大きなメロンをオーダーしています。まだオレンジ色のメロンは時期としては少し早めですが、皆様がお家で作られる頃には、ちょうどいいシーズンになっているはず。

グリーンキウイも今月になって甘くなってきました。季節を感じます。

先月、ティータイムでご紹介して大人気となった英国王室御用達のクラッカー「カーズ」。私の大好物。これにハマっている生徒さん、お教室に増えました。美味しいものは美味しいのです!

お庭のビオラも、そろそろ見納め。今月いっぱい楽しみたいのですが・・・、無理かな。

咳風邪が流行っているようです。お気をつけになってください。感染しているといけないと思い、病院に行ってきました。大丈夫でした。生徒さんにうつしてしまったら大変だから、すぐに病院に直行します。医学の進歩はすごいです。すぐに結果が出ます。定期的な人間ドック並みの検診も、このお仕事をするようになってから真面目に取り組んでおります。知識も増えました。肉体的な健康を保つ知識も、具体的なケアーも。

フランス語の「パニエ」は「かご」のこと。シュー生地でできたカゴの中に、色とりどりのフルーツが詰め合わせになっているお菓子です。持ち手をつけるヴァージョンもあります。

雨、明日も降るのでしょうか。お日様が恋しくなりそうです。


 

|author : 村松 操 | レッスン | 19:45 |