<< memento 超一流ということについて  | main | お菓子教室 キルフェボンのお店のタルトみたい! >>
お菓子教室 ティータイムは優雅に プリンス・オブ・ウェールズで

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

本格派、フランス料理教室のフルーツタルト・レッスン。

クッキーとして焼いても美味しい高級なサブレ生地(タルト生地)を作り、綿棒で伸ばし、型に敷き込み、重石を入れてから焼き。

先月とはまた別のクレーム・パティシエール(カスタードクリーム)をお一人ずつ実習。

いまとなっては貴重品のヴァニラビーンズを使って。

ある生徒さんが言っていました。「あると買いだめしちゃいますよね」。本当です。そのうち店頭から消えてしまうのではないかと思ってしまいます。ペーストもありますが、お教室では、さやからタネを取り出して、本物のヴァニラの味を覚えてもらっています。

フルーツカットもあるし、デコレーションもあるし。完成した頃には、ほ〜〜〜〜、は〜〜〜〜。嬉しい気持ちと、よく頑張ったよね〜わたし、のような、達成感に包まれます。

美味しい品物が手に入ったので、いちごちゃんと一緒にお召し上がりいただきました。紅茶も英国で揃えました。お花はお教室のお庭で咲いている今が盛りのビオラたちです。

ティータイム。楽しいです。クロスは淡いサーモンピンクで、周りに美しくて豪華なレースがあしらわれています。

みんなの労をねぎらい、ゴージャスタルトをお家まで無事に持って帰ってもらう英気を養う時間でもあります。美味しいものと、心地よいテーブルの眺め。お菓子教室のハッピータイム、幸せです。
 

|author : 村松 操 | レッスン | 20:20 |