<< お菓子教室 バレンタインレッスン、始まります | main | テーブルコーディネート教室・前期4月 知的に美しくエレガント >>
NHK「グレーテルのかまど」 芸術的なピエール・エルメのマカロン 


 


昨日のNHKの「グレーテルのかまど」、ピエール・エルメのマカロンの特集でした。

アトリエで、スケッチをしながら、芸術作品と向き合うようにして創作されている姿、ステキだった!

私もお菓子はスケッチ先行タイプです。インスピレーションを受けた時、ヒラメキを分析しながらスケッチします。頭で味を想像して、テーマが決まっていき、何をこのスイーツに込めたいのかを自問自答しながらデザインを進めていく。あの静かで落ち着いたアトリエで、「ピエール・エルメ」の世界が誕生しているんですね。

フォトは、クレオパトラに捧げるスイーツとして発表した「デセール・マカロン」です。コルドンブルーでグランディプロムを取得した直後だったと思いますが、赤坂サカスでお菓子のセミナー(マカロン)をさせていただいた時のものです。

クレオパトラとアントニーの恋物語をスイーツにした初の作品でした。

媚薬のスパイスソースでベリーを包んだガルニチュール。チラチラっと光るのは金箔です。もう一つ、クレオパトラの最期をイメージしたデセールマカロンもあります。女王として潔く散ったクレオパトラを偲び、彼女の魂に捧げました。

エルメの番組を見て、(今、新しいケーキで斬新なものをオーダーされていて、嬉しいような戸惑うような微妙な状況におります)、原点回帰させてもらえた気がして、番組に感謝です。どんなケーキになるかわからないですが、ロマンが感じられるスイーツにしよう、と決心がつきました。エルメのように信念を貫き通すことが大事だから。

気恥ずかしさもありますけれど、歴史ロマンを形にして、いにしえと今とを結ぶ人になれたらいいかな〜、なんて。


 
|author : 村松 操 | リラックス | 16:22 |