<< お菓子教室のバレンタインケーキ 美味しく作るコツは2つ! | main | お料理教室 冬のウィーン料理とおもてなしフレンチ >>
豪雪の今日 2014年コルドンのパンコース思い出します

大好きなヨーロッパ
田園調布サロン・ド・トレミニョン主宰
お菓子・料理・パンコース卒業



留学・ベルサイユ・Parisサロン
公式サイトはこちら
公式ブログはこちら

 


2014年の2月、関東に大雪が降りました。今日も大雪。

あんまり寒いから、今、パイを焼いています。オーブン菓子。ホットコーヒー。それで暖まろう、ということになり、今、焼いています。簡単な家庭料理のパイ菓子です。

焼いている最中なので、フォトがなく、コルドンのパンの写真を見つけてアップしました。

美味しそうでしょう〜。ブリオッシュ生地でバターを折り込む、ちょっと難易度の高いデニッシュ。お菓子の折り込みパイ生地も美味しいですが、こちらの方が格段に美味しい!

お教室がもっと大きくなれれば、機械を入れて、お手軽にデニッシュ・レッスンしたいです。初心者の方でも、機械さえあれば第一関門は突破できます。成形は・・・別の難しさがあるから、そこは頑張ってもらうとして。

今日は市販のパイ生地で即席、ディナースイーツ。蜂蜜をたっぷりと。フルーツも添えて。早く焼き上がらないかな〜。

イチローは、雪が大好きな犬。夕方のあの走りっぷりは、久々に見た雄姿。最近はおネンネばっかり。「つまらない犬」と呼ばれています。

熊の手のパン(右)と、ムーラン。私はオモチャの「風ぐるま」みたい、と思ってしまいましたが、フランス的には「ムーラン・ルージュ」と繋がるんですよね。思い出すと、楽しかったことが次から次へと出てきます。

そろそろ焼けそうな気配。帰宅途中の皆様の暇つぶしになれば嬉しいです。気をつけてご帰宅ください。
 
|author : 村松 操 | コルドンブルーな日々 | 20:24 |