<< 英国にて オックスフォードのボート部と遭遇、パチリ! | main | テーブルコーディネート教室 薔薇の模様のクリーマーとシュガーポット  >>
英国・ヘンリー王子のウェディングに寄せて フランスの結婚式

ヨーロッパのおもてなし
テーブルの基本からマナーまで本格的に
歴史・文化・Paris社交界入門



時代様式、ライフスタイル、テーブル実習
公式サイトはこちら



テーブルコーディネート教室

2018年の英国は、ヘンリー王子のウェディングで盛り上がりそうですね。


お二人のなりそめも、プロポーズのエピソードも、伝統と格式を重んじるイギリス人からしたらどうなのかなという心配も噂されておりますが、きっとお二人の力で乗り越えていかれることでしょう。

イギリス王室と国民とはとても近い関係にあります。街中でロイヤルファミリーとばったり遭遇すれば、みんなで駆け寄ったり、知らないでいると、近くの方々がお知らせくださって、お目にかかれるわよ、と、背中を押してくださいます。

5月、行こうとしていたのに・・・・、ちょっとしたことがあり、断念せざるをえず。久々のヨーロッパだったのに!

そんなこともあり、「ヨーロッパ」をテーブルコーディネート教室で全開、満喫したいと思います。

タイミングよく、今月は英国王室とゆかりの深いアフタヌーンティーのレッスンが。そして後期は「王妃」について。春になると、前期でヨーロッパ上流社会の教養講座・美術史が。後期では再びイギリス。エリザベス朝イギリスからビクトリアの時代まで歴史と文化のまとめをします。レッスンと現実的なことが重なると、生徒さんたちの理解が進みます。とってもラッキー。

フォトは、フランスの結婚式の様子です。

これから始まります。とっても幸せそうなお二人とご親族、そして、天使のように可愛らしい子どもたちに囲まれて、挙式スタート。とってもオープンなんです。挙式のあと、ご一緒させていただき、幸せをいっぱい分けていただきました。

歴史ある教会、若々しいお二人、美しい光景。周りの人をふわ〜〜っと幸せに包み込んでくれる出来事でした。



お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 10:41 |