<< テーブルコーディネート教室 アフタヌーンティー・スタイルでおもてなし | main | 英国にて オックスフォードのボート部と遭遇、パチリ! >>
世界遺産「モン・サン・ミシェル」神に祈りたくなる心境 


ヨーロッパへの情熱
ヨーロッパ人になりたかった私の備忘録



すべては「マリー・アントワネット」から始まりました
公式サイトはこちら

 

ヨーロッパ

神に祈りたくなる心境の時、「モン・サン・ミシェル」の写真をみます。

このフォトは、前職でご一緒させていただいていた先生からいただいたもので、他にもたくさんの「モン・サン・ミシェル」のお写真をくださいました。

公式サイトのコンセプトページにも、こちらの写真を使っています。フランス菓子やフランス料理に興味のある方で、この建物を知らない方はまずいないだろうと思い、フランスのお教室なんだよ、というメッセージを込めて、このフォトに決めた覚えがあります。

新年からだったでしょうか、日本各地で地震が起きてますね。レッスンでも話題が出てます。地震国日本に住んでいるかぎり、不安は消えません。

モン・サン・ミシェルは、僧院でもありましたから、あの薄暗い建物の内部には興味がありました。もちろん、大天使の彫像も美しく、フォトにおさめております。戦いの拠点でもあり、フランスとイギリスの深い深い因縁を象徴するような場所。建物の頂上に立って、昔物語を追いかけながら、潮の満ち引きを眺めておりました。

ミラノの大聖堂も素敵だったけれど、モン・サン・ミシェルには、フランスの砦としての、なんとも言い難い宿命の香りがして、忘れることのできない場所になっています・・・。


 
|author : 村松 操 | ヨーロッパ | 11:48 |