<< 柴咲コウさんが歌う『私が竜宮小僧だったとき』 | main | テーブルコーディネート教室 アフタヌーンティー・英国と紅茶の文化 >>
お菓子教室 今年も、危険なまでに美味しく・美しく!


美味しく・華やかに
高級スイーツを「オール実習レッスン」で
お一人ずつ基本を学びながら



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

2018年のレッスンがスタートしました。

今年も、危険なまでに美味しく、そして、美しく。高級ケーキ作り、いたしましょう!

気づいたら、もう半分食べていました・・・という生徒さんもいらして、ちょっと心配。1/4という方は多かったみたいです。半分は、確かに危険。「危険だけれど美味しい」からやめられないです、ね。

新鮮で、上質なお材料でつくりますから、口当たりは優しいです。

アーモンドクリームが贅沢なレシピです。包み込むのに苦労はしますが、美味しさのためです。そこは頑張ってもらいました。

印象的だった『ガレット・デ・ロワ』、記録しておきます。










むぎ模様がなく、私としては残念。小麦粉文化のヨーロッパにとって、麦は人の命をつなぐ大切なもの。

スイーツのデコレーションとしては単純かもしれないですが、美しくもあるんですよ。フォトアルバムで探してみます。きっとどこかに保存されているはずだから。

なにはともあれ、無事にしっかり形となった『ガレット・デ・ロワ』。大きめの18センチ、お茶会、パーティーサイズ。

来月のお菓子教室は、バレンタインのケーキ、チョコレートのアントルメです。高級ブランドチョコレートの美味しさと、その魅力、扱い方、フレーバーを楽しんでもらいたいと思います。


 

|author : 村松 操 | レッスン | 18:35 |