<< お料理教室 今流行りの幅広縁の大皿に盛りつけレッスン | main | 聖夜メリー・クリスマス 準備は終わりましたか? >>
フレッシュ・クリスマスリース ヨーロッパの暮らしを思い出しながら
〜フランスから学ぶ「上質なもの」〜
お菓子・フランス料理・テーブルコーディネート・プロトコール&マナー
ヨーロッパ人になりたかった私から皆様へ



リラックス:

自然のなかに身をおきたくなって、先日、フレッシュ・クリスマスリース作りに参加してきました。森林浴しているみたいで、グリーンの香りの中、大きく深呼吸。肺の奥深くまでス〜〜っと息を吸って、大きくはいて。とってもいい気持ちになりました。ときどきヨーロッパの自然が恋しくなります。そうしたらお花作り、です!

オアシスに差し込んでいくフラワーアレンジメントのタイプのリースです。久々のお花レッスンで、最初は大丈夫かしらと心配しましたが、つくり出すと無我夢中。手が勝手に動く感じでした。

後日、恩師がご結婚されたことを聞きつけ、習ったばかりの知識を総動員してリースを作りました。先日ブログにアップしたものです。偶然に偶然が重なり「このために急に作りたくなったのかな?」なんて思いました。ケーキやお料理を贈るには気がひけてしまう方ですから、お花が作れてホントよかった。急に思いついた行動が功を奏しました。



玄関に飾ったり、壁にかけたりもできます。テーブルにも、壁にも、どちらにも使えるようにしたかったから、あちこち角度を確認していたら、製作時間はあっという間に2時間半を過ぎていました。集中した〜〜〜。



なんて楽しいお花の時間。ヨーロッパでの暮らしを思い出します。フレッシュリース、作ってたな〜って。森にドライブに行き、木々や実や色んなものを拾い集めて帰って来る。もみの木のツリーの下には、家族それぞれがそれぞれに用意したプレゼントが添えてあって、クリスマス当日を待つ。お家のお庭のお花や実を加えたり、リボンを作ったり。お買い物に出かけたり。クリスマス休暇は楽しみ事が詰まっていました。

横から撮ったらケーキみたい・・・。美味しそうに見えちゃいました。


|author : 村松 操 | お花のお稽古 | 18:28 |