<< お菓子教室 高級焼き菓子レッスン | main | ピカピカ輝く綺麗な蝶々 テンパリング  >>
ロココの薔薇 マリーアントワネットケーキ

【お知らせ】

・ 11月6日(土)「マリーアントワネット祭」開催
  王妃様のサロンがテーマ。
  アンティークとお菓子をご堪能下さい。
・ マリーアントワネット風 マカロンのレッスン
  期間限定で特別レッスン。
  マリーアントワネット風マカロン 2種類
  デセール仕立てのマカロン    ひと皿
・ 新作 故ミッテラン仏元大統領ケーキ

    ・    ・    ・    ・    ・

ブログカテゴリー:メディア・イベント

美研インターナショナル社主催、
モア・ビューティーでお披露目した、
新作ケーキ。

ロココに咲いた大輪の薔薇、
気高き王妃マリーアントワネットに、
祈りを込めて作りました。

気品のある赤紫色のムースは、
カシスがメイン。

ホワイトチョコレートにテンパリングを施し、
薔薇が浮き上がるように、
細工をしました。

今回のマリーアントワネットのケーキは、
池田理代子先生原作の『ベルサイユのばら』と、
その主題歌が、
発想の元になっています。

・・・草むらに 名も知れず
   咲いている 花ならば
   ただ風を うけながら
   そよいでいれば いいけれど・・

時代の流れは止められず、
王妃として、
気高く散っていったマリーアントワネット。

できることなら、
助け出してあげたかった。
時代の流れを、
ほんの少し遅らせてあげたかった。

・・・私は バラのさだめに生まれた
   華やかに激しく生きろと言われた ・・・

野の花ではないのだから。
薔薇としての命を生きるのだから、
王妃マリーアントワネットは、
最期まで気高く、
そして美しく散ったのだと思います。

主題歌『薔薇は美しく散る』に出会って、
本当によかった。
池田理代子先生が『ベルばら』のお話を作ってくれて、
本当によかった。

インスピレーションの元があってこそ、
私の創造熱は高まります。
大変な作業も、
苦になりません。

野の花にみたてて、
緑美しいセルフイユを飾り、
その中にあって、
ひときわ美しく咲く大輪の薔薇、
王妃マリーアントワネットを、
高級感溢れる赤紫色の、
カシスムースで表現。

チョコレートのデコレーションは、
最高級のケーキには、
不可欠の添えもの。

テンパリングによって、
キラキラと、
美しく光りを反射させています。

トップに飾った蝶々は、
彼女の魂の化身。

永久の眠りについた魂に、
祈りを込めて・・・。

 

    ・     ・    ・    ・   ・ 

【ご案内】

美しいマリーアントワネット王妃。
大好きな肖像画の一枚。

サロン・ド・トレミニヨンには、
リュクスなメニューと「一人一台完成スタイル」が人気の、
お教室部門と、
王妃様のサロンをテーマとした、
優美なサロン部門がございます。

第二の故郷フランスの魅力を伝えるお仕事として、
サロン運営をしております。

フランスがお好きな方、
ヨーロッパがお好きな方、
マリーアントワネットがお好きな方。
是非、遊びにいらして下さい。
体験レッスンはいつでも受け付けております。

 ・ お教室のコンセプトについて
 ・ 開講コースのご紹介

 ・ 11月「マリーアントワネット祭」のお知らせ

|author : 村松 操 | メディア掲載 | 02:13 |