<< お菓子教室 フェーヴ・フランス大使館パーティーで戴きました! | main | 大使館パーティー『ガレット・デ・ロワ』フランス伝統菓子の魅力 >>
美味しいもの・美意識・ヨーロッパという別世界を皆様へ

天職と出会ったフランス
お菓子・フランス料理・テーブルコーデ
ヨーロッパという別世界を皆様へ

 
すべては「マリー・アントワネット」から始まりました
公式ホームページはこちら




【体験レッスンスケジュール】:

お菓子教室 体験レッスン
お料理教室 体験レッスン



【テーブルコーディネート教室】:

体験レッスンはございません。前期6回コースのお好きなレッスンからご入会いただけます。スケジュールはこちらです。



【田園調布サロンのこと】

みんなの知らない「ヨーロッパ」「フランス」を伝えたい、その願いから私の教室は誕生しました。

正統派の高級ケーキ教室。おもてなし本格フレンチのお料理教室。本場ヨーロッパのテーブルコーディネート教室。フランスを中心にヨーロッパの「本物」が学べるスペシャルな教室として知られています。

お菓子・お料理は、フランスやヨーロッパで実際に美味しかったものを、ル・コルドンブルーの名門テクニックで、基本からオール実習スタイルでレッスンします。テーブルコーディネート教室では、セッティング、マナー、ライフスタイルなど基本的な知識のほか、歴史、文化、芸術様式の講義にも力を入れています。

完全会員制のレッスンを続けているのは、お世話になったParisサロンでの日々が強く影響してのことです。

上質なレッスンをすること。キラキラした笑顔で生徒さんにお帰りいただくこと。月一回ですが、日常を離れて、少しの間、心を整えてあげる潤いの場でありたいと思っています。

心優しく、エレガントに。幸せにつなげる努力、いたしましょう。

毎月のご予約は不要です。休会・退会のお申し出があるまで、お席をサーブします。出席・欠席にかかわらず、レッスンフィーをお納め頂くことになりますが、お教室側の都合で変更となりお休みされる場合・休講の際には、頂戴しておりません。休会・退会のお申し出は「一ヶ月前まで」にお知らせください。それ以降ですとレッスンフィーがかかります。

また、お教室にビジネスをお持ち込みになる営業・CM・勧誘などを目的とした入会は、他の生徒様のお気持ちをお考え頂き、ご遠慮いただきたいと思います。

一度、私の世界に遊びに来て下さい。体験レッスンでお待ちしております。(2月15日記)




【お知らせ】:

*Parisサロンスタイル*


特別なレッスン、上質な品々、和やかな雰囲気。田園調布サロンのお教室は、お菓子も、お料理も、テーブルコーディネートも、すべてParisサロンにならい完全会員制レッスンで開催しています。Parisサロンスタイルは、田園調布サロンの象徴です。(1月11日)


*グランディプロム*

グランディプロムの取得には「ディプロム」と「テーブルコーディネートディプロム」が必要です。そして、2016年までにグランを取得されている皆様とのバランスをとるため、お菓子またはお料理教室で3年間分のレッスンをお修めいただきます。お菓子のグラン、お料理のグラン、と、2つとも取得されたい場合は、それぞれのお教室で各3年間分学んでいただければ、それぞれのグランディプロムを発行します。(11月3日)


*各種ディプロムについて*

各種ディプロムのお代金ですが、ディプロム、グランディプロム、テーブルコーディネートディプロム、すべて一律で「1万円」です。2018年から新しい様式に変わります。また今後は、発注時にご請求させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。(2月3日)




 

【メディア&トピックス】:

*NHK『チコちゃんに叱られる』*
お教室収録の様子




8月に放送されたNHKの雑学情報番組、『チコちゃんに叱られる』にて。クッキーとビスケットの違い知ってる〜?、のチコちゃんからの挑戦に、生徒さんと一緒に臨みました。詳しくはこちらのブログをご覧になってください。一日がかりのお教室での収録、テレビマンの方々のお仕事は、並大抵のことではできないなと思いました。番組を面白いものにしよう、みんなに楽しんで笑顔になってもらおう、そうした真摯なお気持ちに心を打たれました。収録に来てくださった方々に気に入ってもらえたクッキー。貴重な思い出となりました。無添加、シンプル、上質なお菓子。その典型でもあった自慢のクッキーでした。これからも「お菓子」について学びを深め、スイーツの持つ不思議な世界や歴史について、レッスンしていきたいと思います。(10月1日記)



*『美ST』光文社8月号*
テーブルコーディネート教室のご紹介


6月17日発売、光文社『美ST』で、テーブルコーディネート教室をご紹介いただきました。権利関係があり、表紙も掲載記事もアップできませんが、掲載されている写真はこちらです(上)。お教室につけて下さったタイトルは「本場ヨーロパのテーブルコーデ」。「ヨーロッパの時代ごとの伝統、文化をリアルに体験」、「専門性も高く、完成度も高いテーブルコーディネートが身につきます」と記されておりました。テーブルコーディネート教室について 今一番お伝えしたいこととしてまとめたブログがあります。ご覧いただけたら嬉しく思います。(7月16日記)
 



*第6回ガストロノミーレッスン*


サロン部門主催、第六回、ガストロノミーレッスン。5月21日、無事に終了いたしました。今年は「シェ・オリビエ」での特別開催でした。シェフの本拠地でのレッスンは、言葉にならないほど。圧巻でした。大使館パーティーではシェフのお料理を食べ損ねてしまいましたが、今回のガストロノミーレッスンで最高のフレンチを堪能。大満足です。超一流の世界。Parisのサロンで出会ってきた方々と同様、素晴らしいギフトを神様から与えられている人から学べる幸せ。今、噛み締めているところです。(5月23日記)




*マリー・アントワネット展記念*


六本木『マリー・アントワネット展』を記念したスペシャルレッスン「ベルサイユとテーブルアート講座」。ルイ14世が礎を築いたフランス宮廷文化について、名画をご鑑賞いただきながら、美術史を紐解きながら、講義いたしました。絵画を観る目を養うことは、国際教養を身につけることのみならず、テーブルコーディネートを楽しむ(テーブルに密かに忍ばせる仕掛け・楽しみ)にも繋がっていること、気づいていただけたことと思います。形、色、それぞれに文化的な意味付けがあり、歴史的な背景があり、etc。有意義な時間を共有できましたこと、心より御礼申し上げます。感動を綴ったブログはこちらで。(2月24日記)


 

*フランス大使館・大使公邸にてパーティー*


1月恒例のフランス伝統菓子『ガレット・デ・ロワ』の各種授賞式とパーティーに参加させていただきました。写真は大きな大きな『ガレット・デ・ロワ』が会場に運び込まれ、在日フランス大使をはじめ、フランソワーズ・モレシャンさん他、有名なパティシエの皆様が集まってカッティングしているところです。この中に5つ「フェーブ」が入っていて、ちょうど私の前にいらした方が当たりました。もうひと席前だったらな・・・などと思いながらも、パーティーを十分に堪能しました。各種有名人の方々、政治家の方々もいらして、記念撮影してくださったり、新春のスイーツのお祭りらしいとても和やかで気持ちのいい時間でした。フランス文化の一つ、伝統の継承として、大使館の果たす大切なパーティー。ご一緒させていただき光栄でした。この時の感動をブログに記しています



 

|author : 村松 操 | スケジュール・お知らせ | 08:41 |