時代を超えて愛され続ける伝統のお菓子 ガレット・デ・ロワ献上式典

第二の故郷フランス
伝統のお菓子がつなぐ日仏の友好

 


フレンチガストロノミー

アップするのを忘れておりました。1月のことです。



大きなガレット・デ・ロワに、ナイフが入れられようとしています。

フランス大使館、大使公邸における1月恒例のパーティーの様子です。石原伸晃さんと山東昭子さんを両脇に中央にいらっしゃるのが、ローラン・ピック駐日フランス大使。

フランソワーズ・モレシャンさんもいつまでもお美しく、山東昭子議員も眩いばかりに輝いてらっしゃいました。

ガレット・デ・ロワは、エピファニーにまつわるフランスの伝統菓子です。

日本でも最近はメジャーとなり、お家で手作りされる方も増えてきました。

パリパリのバターたっぷりのパイ生地。様々に趣向を凝らしたアーモンドクリーム。そして、伝統にのっとったパイ模様。会場には様々な作品が並びました。

 


 


フランス大使を囲む伝統菓子の献上式典。大使が中心となって会場が一つになる、そうした和やかさがこのパーティーの素晴らしさかもしれません。フランス人のお偉い方々らしきご招待客の皆さまも数々いらして、ここはフランス?、という錯覚に陥るほど。

片言のフランス語があれば、そこから笑顔が生まれます。もちろん日本語も皆さまご理解くださいますけれど。

 

 


大使が入場なさると、場の雰囲気が一気に盛り上がり、華やかさを増します。

格調高さも生まれ、人の持つ影響力の大きさを、今回ほど学んだことはありません。すごいことなんだな、と思いました。幼い頃、外交官に憧れていた時期が少しだけありました。

政治の世界とはまったくかけ離れたところにおりますが、みんなが平和に暮らしていかれること、日本とフランス、ヨーロッパが仲良く友好関係を保っていかれることに、私もなんらかの力を尽くしたいなとも思いました。

何ができるのでしょう・・。これからの課題となりそうです。


 

お知らせ&トピックス
体験レッスン(お菓子・料理)
テーブルコーディネートのレッスン日

祝10周年・新しい一歩として
グランディプロム
祝10周年・記念コース
コーディネート教室改編のご案内

|author : 村松 操 | フレンチガストロノミー | 13:22 |
フランス伝統菓子の祭典 ガレット・デ・ロワの大使館パーティー

第二の故郷フランス
伝統の食芸術がつなぐ日仏の友好


 


フレンチガストロノミー

今年も、東京広尾、フランス大使館・大使公邸にて、『クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ』主催によるパーティーが開催されました。

表彰式、そして、たくさんのガレット・デ・ロワの試食、お集まりの皆様との交流など、新年をフランス菓子愛で満たすステキな催しです。

伝統菓子の本来の魅力や文化を大切にする、というクラブの趣旨の元、正統派のガレット・デ・ロワとその文化の普及にふさわしい作品と出会える貴重な式典です。伝統菓子の奥深さを知っていただきたいと願っている私にとって、このクラブの存在は大きく、ご一緒させていただけることにありがたさを感じないではいられません。

フランス菓子のみならず、ヨーロッパを代表する由緒正しきお菓子には、定まった形があり、名称も決まっています。

お菓子のルーツを知っていただきたい、そして、お菓子は欧州の文化遺産なのだということも知っていただきたい。そんな思いを強くしてくれた貴重なパーティーでした。

私も、現代の流行は踏まえつつも、根幹にあるヨーロッパ・フランスの歴史文化が伝わるお菓子、お料理、テーブルコーディネートを心がけています。

形には意味があります。模様には祈りが込められています。

どんなに時代が移り変わろうとも、人々の願いは同じ。幸せであること。祈りです。お菓子に秘められた不思議な物語を広めながら、これからも一層、お教室主宰に励もうと思った一日でした。


 

お知らせ&トピックス
体験レッスン(お菓子・料理)
テーブルコーディネートのレッスン日

祝10周年・新しい一歩として
グランディプロム
祝10周年・記念コース
コーディネート教室改編のご案内

|author : 村松 操 | フレンチガストロノミー | 08:05 |
大使館にて フランス大使へのガレット・デ・ロワ献上式

フランス大使館にて
エピファニーと新年のお祝いパーティー



 


ローラン・ピック、駐日フランス大使様と。

1月16日、広尾のフランス大使館、大使公邸にて、ガレット・デ・ロワの献上式が行われました。大使が、ガレット・デ・ロワのコックコートをおめしになっています。とっても親しみやすい雰囲気のお方です。

自らお声がけを皆様にしてくださり、「フランス」なんだな・・・と。洗練された大人のムードは素敵です。

まさか一緒にフォトに応じてくださるとは思ってもみず、髪の毛がボサボサ。くるくるカールにしてあったはずが、あれ?、なのでした。残念!

満面の笑顔。嬉しかったから。

日仏が今、微妙な関係におかれている最中、大使としてのお役目も緊張を伴うはず。ご健康に気をつけられて、その笑顔がこれからも拝見できますよう祈るばかりです。



 
|author : 村松 操 | フレンチガストロノミー | 10:56 |
| 1/6PAGES | >>