テーブルコーディネート教室 「豊穣」を意味する葡萄で迎えるテーブル


より豊かなライフスタイルへ
セッティング・色彩・マナー・食卓文化史



 
公式ホームページ
テーブルレッスン・スケジュール

 


テーブルコーディネート教室ブログ

台風の大風をくぐり抜け、生き残った運のいい巨峰。

お菓子教室から「巨峰」続きですが、美味しくてついつい連続して頼んでしまっています。

そして大きい。このサイズの巨峰は初めてかもしれません。

テーブルコーデのレッスンテーマは、朝食のテーブルセッティングとマナーでした。朝のおもてなしのテーブル、というのは、シチュエーションとして特別状況下にありますから、しっかりとお勉強!

私自身も、ヨーロッパからお友達が泊まりに来た時に、さてどうするか・・・と一番悩んだのが朝食でした。

お友達ならまだしも、これが大事な取引先の方々だったり、お仕事上での人間関係つくりだったりしたら、どうなっていたんだろうと、いま想像すると胸がドキドキします。

そんな私の失敗談も思い起こしながらレッスン致しました。

テーブルコーディネート教室は臨場感のあるものにしたいな〜と思っています。ご家庭でのおもてなしのシーンでお役に立てるように。お相手の方のおもてなしを受ける際に、その方のお気持ちに添えるように。


追記:
朝摘んだお庭のお花をちょこっと添えました。豊かな時間。小鳥のさえずりとともに迎える朝時間。そんなおしゃべりを生徒さんと楽しみました。






お知らせ&トピックス
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 07:45 |
テーブルコーディネート教室 薔薇のスパイラルブーケ・レッスン


より豊かなライフスタイルへ
セッティング・色彩・マナー・食卓文化史

公式ホームページ
テーブルレッスン・スケジュール

 


テーブルコーディネート教室ブログ

生徒さんが実習した「薔薇のスパイラルブーケ」です。

今回は、私の大好きなオレンジ・カラー。

西洋の精神文化史(表象文化)から深く解説していくと、このカラーには、深い深い意味があります。お教室のブランドカラーも、オレンジするか、ピンクにするか、とても悩みました。「オレンジ色」と「ヨーロッパ」。生徒さんもお好きだったらしく、よかったなと思いました。

スパイラルブーケは、花嫁さんブーケのほか、お友達に差し上げたり、お父様やお母様へのプレゼント、お祖父さまやお祖母さまに贈られても喜ばれるお品です。

一度、論理を覚えてしまえば、お一人でお家で作れるようになります。

ヨーロッパの長〜い伝統の中で、皆さんから歓ばれてきたものが作れること。お菓子教室でも、お料理教室でも、テーブルコーディネート教室でも、お教室主宰者として心がけていることです。

伝統の中に生きる。

そんな感覚がお好きな生徒さんが集まってくださってるからかもしれません。類は友を呼ぶ、かしら?





お知らせ&トピックス
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 19:13 |
テーブルコーディネー・ディプロム試験 経験値を高め「気づき」を授けるために



テーブルコーディネート教室ブログ

あっという間に1日が終わりました。今日のディプロム試験は、私にとっても忘れられない出来事になりそうです。

ディプロム試験は、通過儀礼として意味あるものであると価値を信じてやってきました。自分で「気づく」ことがとっても大事で、そのための場になれば・・・と思ってきたわけです。

少人数・完全会員制レッスンのお教室をしているのも、一人一人の生徒さんのデータのようなもの、それを把握しながらレッスンしたいな〜ということから始まりました。パリのサロンで、マンツーマンで、私一人のために、とっておきのお勉強が用意されていて大感激した経験が根底にあることも確かなことです。

私のことをしっかりと見ていてくれている。

訪れるたびに(社交としてお遊びでうかがう時でさえも)、そうした「オートクチュールな贅沢さ」の中で、「フランス」について学んできました。

今日の試験で、「わかった! いま、すご〜く自分でよくわかりました(大笑い)」だったと記憶しておりますが、生徒さんのそういう瞬間に立ち会える幸せは教師冥利につきます。

ご自身がハッと「気づき」を得た瞬間から、何もかもが変化しだします。運が動き出すと言ってもいいでしょう。

素敵な女性へ。その方向に自分が着実に歩んでいる実感。

その喜びを一番共有できるサービスが、テーブルコーディネート教室のような気がしております。経験値そのものへのアプローチがしやすいからかしら?

長くなってしまいました。抽象的すぎるかもしれませんが、今日の私の一番皆様にお伝えしたいことでしたので、綴らせていただきました。ご理解いただけたら大変嬉しく思います。




 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 18:38 |
| 1/48PAGES | >>