テーブルコーディネート教室スケジュール
 
エレガンスを磨く
テーブル実習・美の歴史・マナー・食芸術

論理的に体系的に本格レッスン

 
公式サイトはこちら



お家に美しい風景があると嬉しくなります。心も潤い、優しい気持ちも生まれます。

華やかで、上品で、ヨーロッパの香りが伝わってくる空間。お手本はヨーロッパの「Lady」の世界。


ベルサイユレッスン(A)では、歴史上の人物から学ぶ美意識がテーマです。先人たちの楽しい工夫を知りながら、コーディネートに必要な感性を養います。

ライフスタイルandマナー(B)では、5つの基本のテーブルを中心に、セッティング、マナー、テーブルウェアの知識など、具体的なスキルを磨きます。






ご入会受付中のレッスン

3月16日(土曜日)
11:00〜13:30
受講料:1万2000円

ベルサイユレッスン:
メディチ家とカトリーヌ姫のテーブル
ルネサンスの美
お菓子と王妃様のスイートな関係
テーブル実習


ヨーロッパ中世の時代からルネサンスまで。カトリーヌ・ド・メディチがテーブルの世界にもたらした優雅な世界を中心に、フランスに舞台を移し、ルイ13世に至るテーブルを追いかけます。お食事の時間、美味しいもの。歴史に残るテーブル文化から、私たちへのヒントを戴きましょう。


お申し込み
公式サイトのテーブルコーディネート教室ページで、支払い方法などをご確認の上、フォーマットをご利用ください。









お知らせ

2019年の3月から、新しいカリキュラムでレッスンします。

すべてのレッスンに、テーブル実習を組み入れました。また、従来の前期後期の区分をなくしました。


年6回(2ヶ月に1回)、2年間で12カリキュラムを学び、最終レッスンであるディプロム試験を経て修了。奇数月にレッスンいたします。試験は対象者のみ、13回目に当たるレッスン時に別枠で行います。

お休みされた場合や、お支払い・ご精算方法に変更はありません。入会金も同額です。
フラワーレッスンが入る場合は従来通り「1万5000円」、その他は「1万2000円」です。これまでに旧前期レッスンをお休みされている皆様には差額が生じます。あらかじめご了承くださいませ。






今後のスケジュール


5月18日(土曜日)
11:00〜13;30

ベルサイユレッスン:
ロココの優美なテーブル
宮廷サロンと美食王

貴族社会と生活芸術
ポンパドゥール夫人、他
実習





7月20日(土曜日)
11:00〜13:30

ライフスタイルandマナー:
テーマ「バカンス」
ラ・イスラ・ボニータ
フランスはパリのみならず
テロワール
実習





9月21日(土曜日)
11:00〜13;30

  
ライフスタイルandマナー:
テーマ「朝食」
ヨーロッパの朝時間
様々なスタイルでテーブルタイム
太陽と、お食事と、マナー
*実習(フラワー)





11月16日(土曜日)
11:00〜13:30


ベルサイユレッスン:
フランス宮廷と英国王室
エリザベス一世
ヴィクトリア女王
英国菓子の美味しさ
*実習





2020年〜
新カリキュラムでご確認頂けます。



急な収録などで変更が生じる場合もありますが、前もってお伝えし対応します。完全会員制のコースレッスンのため、単発受講、体験レッスンは、お承りしておりません。





お知らせ&トピックス
体験レッスン(お菓子・料理)
テーブルコーディネートブログ

祝10周年・新しい一歩として
グランディプロム
祝10周年・記念コース
コーディネート教室改編のご案内
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 08:48 |
テーブルコーディネート教室 新しいカリキュラムのご案内

 

3月からの新カリキュラムが確定いたしました。

年6回、2ヶ月に一度、隔月のレッスンとなります。原則として奇数月に開催します。

2年間で12カリキュラムを学び、最終レッスンがディプロム試験です。試験は対象者のみ別枠で行います。試験を含め13レッスンで修了です。

従来のような前期・後期の区分は無くしました。ベルサイユレッスン(A)と、ライフスタイル&マナーレッスン(B)を織り交ぜてレッスンします。テーブル実習が毎回レッスンに含まれるのも新しい特徴です。

欧州で実際に経験して来たおもてなしの場面をご紹介しながら、フランスのエレガンス、ヨーロッパの季節の移り変わりと人生の楽しみ(ジョワ・ド・ヴィーヴル)を、テーブルコーディネートを通してお伝えします。





新しいカリキュラムスタート  
どこからご入会されても支障ありません。山手線式にカリキュラムは巡ります。お休みされたレッスンは次回以降にご受講いただけます。

 

2019年
3月
ベルサイユレッスン:
メディチ家とカトリーヌ姫のテーブル
ルネサンスの美
お菓子と王妃様のスイートな関係
*実習


5月
ベルサイユレッスン:
ロココの優美なテーブル
宮廷サロンと美食王  
貴族の時代と生活芸術  
ポンパドゥール夫人の美、他
*実習


7月
ライフスタイルandマナー:
テーマ「バカンス」
ラ・イスラ・ボニータ
フランスはパリのみならず
テロワール
*実習
 

 


以下、次のようにカリキュラムは進みます。

B   
ライフスタイルandマナー:
テーマ「朝食」
ヨーロッパの朝時間
様々なスタイルでテーブルタイム
太陽と、お食事と、マナー
*実習(フラワー)
 

A
ベルサイユレッスン:
フランス宮廷と英国王室
エリザベス一世
ヴィクトリア女王
英国菓子の美味しさ
*実習


A
ベルサイユレッスン:
マリー・アントワネットの世界
完全なる喜び
フランス王妃の美の文化
フランス菓子の魅力
*実習


B  
ライフスタイルandマナー:
テーマ「夕食」
生粋のパリマダムのこだわり
世界共通のしきたり
頑張りたいテーブルだからこそ
食卓エレメント「食器」
*実習


B
ライフスタイルandマナー:
テーマ「昼食」
マルシェに行こう、お花も、パンも
食事とフランス的ゆとり
食卓エレメント「クロス・ナプキン」
*実習


A
ベルサイユレッスン:
太陽王ルイ14世
美食大国フランスの誕生
宮廷祝祭の世界へ
食卓エレメント「カトラリー」
*実習


B
ライフスタイルandマナー
テーマ「パーティー」
愛らしくいられるレディーの時間
パーティーの心得
パーティースタイルとマナー
*実習(フラワー)


B
ライフスタイルandマナー:
テーマ「アフタヌーンティー」
英国で暮らすということ
ティータイムの風景
お茶会のスタイル・マナー・歴史
*実習


B
ライフスタイルandマナー:
テーマ「スーぺ」
創造は最高の文化
すべてはこの時のために
夜会の楽しみ
食卓エレメント「グラス」
*実習


2021年3月
ベルサイユレッスン:
ルネサンスの時代に戻ります。

 

 

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 18:55 |
テーブルコーディネート教室 スーぺのテーブルは「物語」の続き

美しい景色があると嬉しい
ヨーロッパ・フランスの「Lady」の世界へ
食卓文化とテーブル・実習・マナー




公式サイトはこちら
テーブルコーデBLOG



テーブルコーディネート教室

スーぺのテーブルセッティング。

フランス大使館での新年のお祝いのパーティーに出席したばかりでしたので、その余韻が残るなか、レッスンさせていただきました。

晴れやかなパーティーでは気持ちも高揚します。キラキラとした世界で素敵な夜を過ごした後の、お家でのスーぺのテーブル。そんな設定で、テーブル実習を。

小さく写っているのは「フェーブ」です。フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」に隠されている陶器製のお品物です。大使館のパーティーで友人が当ててくれたものと、私の中に入っていたもの、そして、一昨年、戴いたもの、おめでたい3つをさりげなくテーブルに飾りました。スーぺのテーブル演出では大事なことです。まだ「物語」は続いているのですから。

次回のレッスンは、3月です。

前期後期の区切りをなくしたことで、3月からカリキュラムの順番が少し変わります。メディチ家のカトリーヌ姫を中心に、ヨーロッパ中世の貴族の暮らしからルネサンスの時代へと、舞台を移します。

強く、優しく、エレガント。食卓芸術の歴史と文化を思う時、各時代をリードした王妃様や.王族の方々の生き様に、エレガンスを感じないではいられません。真摯に向き合って、フランスの伝統と今をお伝えしていきたいなと思いました。



お知らせ・トピックス
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 19:51 |
| 1/40PAGES | >>