私とフランスをつなぐ「今田美奈子」先生の食卓芸術の世界




この秋、私の主宰するお教室「サロン・ド・トレミニョン」が10周年を迎えます。

この節目にあたり、様々なことが今起きているのですが、私とフランス、このご縁を繋いでくださった方のお一人に今田美奈子先生がいらっしゃいます。

今田先生との出会いは大学院生の頃だったと思います。シュガーデコレーションのクラスを受講していました。途中、論文作成に追われてしまい、お休みがちとなり、結局続きませんでした。先生のサロンに行かれなくなっても作品はたくさん作りました。祖母がその一つ一つを大切そうにガラスの美しいケースに入れて、お部屋にいっぱい飾ってくれました。

フランスと私との縁は、親族が国のお仕事でParisにいたことから始まります。そして、そこから、母と祖母がフランスへの想いを深めてくれ、毎月、レストランのメインダイニングでフランス料理とテーブルマナーを兼ねた食事会をしてくれるようになり、私の幼い頃にはまだまだ知られていなかった正式なローテーブルでのアフタヌーンティーを経験させてくれたり、家庭環境としても恵まれていたと思います。

今田美奈子先生がマリー・アントワネットのお菓子として「クグロフ」を広め、お姫様ブーム、宮廷の貴婦人の世界を華やかな夢のあるものとして、日本中に知らしめて下さらなかったら、祖母や母の教育も、単なるお遊びで終わっていたことでしょう。

学生のうちにフランスへ、という気持ちが募り、親族が帰国する前に渡仏。フランスでの大学でのお勉強は楽しく、学生寮(全寮制でした)で過ごした経験は人生の宝物です。フランス・ヨーロッパを思う存分に堪能して帰って来た一年後、私は迷いました。好きなフランスを仕事にするのか。それとも研究を続けるべきか。マリー・アントワネットの研究は「それ以上は日本人の君には無理だ(外国人であり、ロイヤルファミリーでもない一般人の私ゆえという意味で))」と、アントワネット研究の第一人者でいらしたベルサイユ宮殿の館長さんからアドバイスを受けていましたから、悩みました。

その後、いろんなことがありながらフランスとの縁は途切れることなく細く続いていたのです。

2011年、あの東日本大震災の年、フランスからマリー・アントワネットの肖像画がやって来ました。王妃を描き続けたヴィジェ・ルブラン展。これが私と今田美奈子先生の再会の場となりました。そして、レセプションパーティーの出席者に配られた一枚のチケット。今田先生のレッスンへのご招待券でした。もちろん、この展覧会と繋がるマリー・アントワネットのレッスンです。アントワネットがお兄様に贈ったとされる貴重な品を拝見しながら、「私はもう一度、先生のもとで勉強すべきだ」と直感しました。

すでに、東京・自由が丘でお菓子教室、フランス料理教室を主宰しておりましたが、行こうと思いました。テーブルコーディネート教室はまだ開催しておらず、どこか自信がなかったというか、自分の見て来た世界をどうやってレッスンとして伝えたらいいのかが見えない状態でした。「私、先生のようになりたいんです。なれるでしょうか?」とうかがったところ、「王妃様が守ってくださるわよ」だったと思いますが、そのように勇気づけをいただき、よし、一歩踏み出すしかないな、と心に決め、4月からテーブルセッティングのお勉強を日本でもすることにしました。

フランスで見て来た上流社会の様子がそのままテーブルに映し出されていて、気持ちが安らぎました。私の居場所はここだと思ったりも。いろんなアレンジがありますが、コーディネーターというよりも、食卓芸術家としての先生に共鳴していたように思います。

あれからもう7年以上過ぎました。私もテーブルコーディネート教室を主宰する立場となり、私なりに今田先生のサロンからいただいた「生活芸術家」の称号に恥じないように、あの時の努力を無駄にしないようにとやって来たつもりです。コルドンブルーもそうです。仕事仕事でストレスをためていた頃、現実逃避が動機で受講したル・コルドンブルー。結局、フランス菓子も、フランス料理も、フランスのパンコースも、すべてディプロム取得。「名に恥じないようにしなさい」と、先日もある尊敬している方から、これからの私のあり方についてご相談をしたところ、そのようにアドバイスをいただきました。

ご縁は不思議です。今田先生と同じ時代に生きていなければ、私がこのように生きていることはないわけで、フランス菓子の世界を広めたい、フランス料理をもっと食べてもらいたい、食卓の芸術文化について興味を持ってもらいたい、そうした情熱は維持できなかったかもしれないと思うわけです。

今田美奈子先生が歩んで来た道。その影響を受けながら私はこうしているんだな・・・と思います。バブルの頃と今とでは時代性が違います。その反面、今はあの頃よりも国際化が進み、ますます「フランス」の世界を学ぶ価値が高まって来ていることも事実です。夢のあるフランス菓子の世界。華やかで、美しくて、夢物語のあるスイーツの世界。大好きだなと、気持ちを新たに思っているしだいです。

これからまた一から、お勉強のし直しです。今日が私の新しい誕生日。

たくさんの方々のお力添えで、こうして大好きなことをお仕事にさせていただけていることに感謝の気持ちでいっぱいです。お菓子で人を喜ばせること。美味しいフランス料理でみんなで笑顔になること。美しい風景をおうちの中に作っていただけるお手伝いをテーブルコーディネート教室でしていくこと。

今田先生が貴婦人の世界を伝えたように、私はヨーロッパでともに青春時代を過ごした「Lady」たちの世界を伝え、彼女たちと学んだこと、今も学び合っていることをお伝えしたいと思っています。真のレディーに! 憧れを現実に。日本に住む夢見る女性の皆様に、広めていきたいです。




 

|author : 村松 操 | テーブルセッティング | 21:38 |
今田美奈子食卓芸術サロン40周年記念展覧会 横浜高島屋にて出品
〜今田美奈子食卓芸術サロン 40周年記念展覧会〜
横浜高島屋さんにて5月21日より
セレブレーションのテーブルセッティングに出品しました



 
イベント:

今田美奈子先生の40周年記念の展覧会、横浜・高島屋さんでフィナーレを迎えます。5月21日、土曜日が初日です。

本日、無事に作品を搬入してまいりました。最後となると、ちょっぴり寂しいです。今日は、大先輩にあたる30年近く今田先生のもとで学ばれている方とお話ができました。大きなことを成し遂げようとするには裏方となる人たちの協力が必要です。30年、すごいことだと思いました。今後のお教室運営の参考になることまでアドバイス下さり、今田美奈子食卓芸術サロンを通して得られた様々なご縁にありがたく思う次第です。

開催中、おそらくうかがうことは叶わないと思いますが、お祝い事です、お時間がある皆様は是非、お立ち寄りになって下さいませ。40年間、食卓芸術の世界で第一線で活躍してきた「今田美奈子」という人、その人物に出会ってみるだけでも価値があることと思います。

先生とは、原宿の「薔薇の館」でのご縁です。シュガークラフト(シュガーケーキデコレーション)を受講しておりました。そして時を経て、ある雑誌社の部長さんのご指摘から今田先生を意識するようになり、2011年3月にレセプションパーティーで再会。日本でのテーブルアートの先生として数々のレッスンを受講、テーブルセッティング師範取得、サロンより「生活芸術家」の称号を授かりました。部長さんの先見の明、ありがたく思っています。「テーブルコーディネート教室、始めていますよ〜」とご報告したいです。

無事に何事もなく展覧会が成功しますように。今田先生、40周年おめでとうございます。スタッフの皆様、ありがとうございます。たくさんの影響を与えて戴き、とても感謝しております。


公式ホームページはこちら
お知らせ&トピックス
体験レッスンご案内(お菓子orお料理)
最新のプロフィール
テーブルコーディネート教室(ご入会随時可)

 
|author : 村松 操 | テーブルセッティング | 18:18 |
東京・新宿高島屋『華麗なる薔薇のおもてなし』作品搬出日にて
〜フランスに学ぶ「上質なおもてなし」〜
テーブルセッティング・食卓芸術・食文化・アンティーク
お世話になったParis のサロンのように




テーブルセッティング:

今田美奈子先生は私の日本でのテーブルアートの先生です。シュガーケーキデコレーションの頃からお世話になり、ずいぶんと長い時が経ちました。勉強や仕事などでお休みがちでしたので、先生の記憶に残る生徒ではないと思いますけれど、一度切れてしまった私とフランスとのご縁を繋いでくれたのは、「今田美奈子食卓芸術サロン」と「ル・コルドン・ブルー」でした。この2つの大きな柱があったお陰で、忘れかけていた私の夢が具体的となり、現実となったのでした。

10月2日から13日まで開催されていた今田美奈子食卓芸術サロン主催による『お菓子とテーブルアート 華麗なる薔薇のおもてなし』。無事に作品を搬出して参りました。一緒に出品をした皆様とも仲良くなり、お別れするのがなごりおしくなりました。

写真のお花は「お福分け」です。会場入り口に飾られていた成田山新勝寺の花輪と、安倍総理の奥様・昭恵夫人のところからいただいて参りました。今、お教室に飾っています。有り難い縁起物です。いつまでもつかわかりませんが、昨日の夜遅くから今日も数回手をかけて水をすわせています。お教室のみんなに見せてあげたいから。

出品したのは『リタイアメントのお祝い』という現代のセレブレーション(お祝い)のテーブルセッティングでした。片付けてしまうのがもったいないと思いつつ、記念写真をみんなで撮りながら搬出作業を致しました。クロスに沢山の刺繍が入っていたり、素材の扱いが難しかったり、テーブルコーディネート教室のレッスンにつながるいい勉強ができました。

今田美奈子先生、40周年、おめでとうございます。そしてこれから約一年間、お忙しいことと存じますが、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。御陰さまでいい経験を積ませていただき誠にありがとうございました。



|author : 村松 操 | テーブルセッティング | 19:12 |
| 1/10PAGES | >>