ハンサム柴犬イチロー お鼻ペロペロ「美味しそうだな・・・」


ハンサム柴犬イチロー日記
とっても可愛いけれど、時々俺様イチロー



 


りんごの焼ける匂いがしてきたら・・・、イチローがやってきました。

お耳ピクピク、お鼻ペロペロ。

この眼つき。俺様を忘れてないよなっ、とでも言いたいのかも。

越えられない柵があって、こっちにはこられないから、ちょっとお目目がこわ〜い。

こういう時のイチローは何を考えているのだろう・・・。


 

|author : 村松 操 | リラックス | 18:42 |
ドクターX 大門未知子 西田敏行さんの蛭間院長が帰ってきた〜


シーリズ1からずっと見ているテレビ朝日の人気番組『ドクターX 大門未知子』。

今日は3回目の放送で、西田敏行さんが帰ってきました〜。嬉しい!!

蛭間重勝。あの独特のキャラクターは、森繁久彌さんのおとぼけに通じる愉快さがあります。奥ふか〜い面白みです。きちんとしたキャラ設定はあるものの、それにはとどまらない複雑さを演じてくれる台詞回し。役者としての身のこなし、表情。

メロンおじさんも大好き。「メロンです。請求書です。」この決まり切ったセリフを、毎回、風合いを変えて言っている。役者さんってすごいんだなと思います。

大門先生のようなドクターはいないかもしれないけれど、『水戸黄門』的な勧善懲悪ドラマは、いまの社会には必要とされているのではないかと思ったりします。安心するし、どこか勇気のようなものをもらえる気がして。

視聴者の心配を配慮してか、あの病院から追い出されることはあり得ないから、というようなセリフもありました。

御意、も復活。

一人院長回診になってしまったけれど、あれがなくてはシリーズの面白みが薄れてしまいます。いずれは大名行列復活?

今日はあまりに嬉しくて、眠いけれど、この感動は今綴っておかないとと思い、認めました。テレ朝さん、ありがとうございます。嬉しいです。



 
|author : 村松 操 | リラックス | 22:16 |
キムタクTBSドラマ『グランメゾン東京』見てます?


日曜日の21時放送、キムタクのドラマ『グランメゾン東京』。

生徒さんに教えていただいて、1回目から見ています。手長エビのエチュべって何ですか?、というのが生徒さんからの質問で、それをドラマで見れそうだから観るんだ〜と楽しそうにしていたのがきっかけでした。

日曜日の夜は早く眠りたいのですが、このドラマのために、頑張って起きています。

昨日のドラマの中のセリフで心に残ったのは、「心を動かす料理がある」というようなことだったと思います。私もそうだったな・・・と。

心を動かされてしまったんです。様々なフレンチレストランで。

最初は、ハワイでした。ハレクラニのフレンチディナー。最高のおもてなし、芸術とも言える完璧なコース料理で、祖母とふたりで「これは芸術品だね」と話したのを覚えています。何もかもが夢のように幸せで、心尽くしのディナーを提供してくださったスタッフの皆様とシェフに心から感謝したものでした。祖母との最後になるだろうハワイ旅行。祖母とハレクラニで過ごすのもこれでもうないだろう、そのことをお話しして、私たち最後の思い出にしたいと帰国の前日の特別ディナーをお願いしました。話すと長くなるのでやめますが、生涯忘れることはありません。本当に祖母との最後のハワイ旅行・ハレクラニで過ごす休暇となりましたが、悔いはなく、ありがたかったと思っています。

あの時のあの感動がなかったら、フレンチへの情熱は育たなかったかもしれません。フランスへの思いとはまた別ですから。

お食事というものは私たちの心を動かします。それは金銭には変えられず、買おうとしても確実に買えるものでもなく、こちら側とサービス側、双方の共鳴というのでしょうか、思いが通じて生じる一種のミラクルのようなものだと思うのです。

あのドラマが描こうとしているのも、根底はそこにあるのかなと思って期待しているところです。

キムタクの美しい手さばき、鈴木京香さんの一本筋の通った女性の生き方、周りの方々の人間臭い心あたたまるふれあい方、などなど、見所はいっぱいありますが、私はフランス料理に人生を賭ける生き様に魅入っております。



 
|author : 村松 操 | リラックス | 18:00 |
| 1/112PAGES | >>