左向きの錦鯉の絵 この世に偶然ということはない
 


先日、コレクターさんから、錦鯉の絵を見せていただきました。

その方とは、絵画の話になると、永遠と会話が続けられるのではと思うほど、限りなく話が進みます。たった一枚の絵画から。そこまで、というほど。

購入にあたっての思い、そこが一番聞きたいところで、所有者としても、そこをわかってもらいたいところですから、その方の絵画との出会いから購入までのストーリーをじっくりとうかがいながら楽しみます。本当に有意義な時間です。

そのあとは、その絵から、なぞなぞが始まり、いつも私は試されています。

左向きの錦鯉。そして、それをなぜ、この時に部屋に飾り、私にも見せてくれるのか。意味がないわけがありません。誰も気がつかないだろうけれど、そこに気をとめた人だけが招き入れられる名画への世界。質問ができなければ、そこで門は閉ざされます。美を見つける、絵画の価値を見出すことができる。それでこその趣味人のスペシャルな時間なわけです。

今回は、この絵にノックアウトをされ、「この世に偶然はありえない」という言葉を、その方と二人して何度も口にしました。おかしなくらいにシンクロニシティーが生まれる間柄でもあり、毎月見せてくださる絵画の選び方、メッセージ、そこから楽しみにしているお互いのうんちく合戦。美術品を愛し、芸術というものとの関わり方が自分と似ている人に出会えることは大変な幸せです。時には厳しい話もします。お互いに投機的な絵画の購入は好みではなく、あくまでも、自分との関わりで選ぶタイプ。自分と絵画の間に物語があればこそ、所有していて嬉しく、その作品から何かしらの幸せをいただいていると思うわけです。

まっすぐに泳ぐ、左向きの錦鯉。

学ぶことが深く、ちょうど私も仕事上の節目を迎えていますので、拝見させていただいてありがたかったです。意味合いは個人的なことですのでネットで公にすることは控えなければなりませんが、まっすぐで(たいがい鯉の絵は動きを出すために曲線で描かれています)、どこか不自然に思えるほどで、左向き。

経営者としての心得のようなものを語っていらっしゃいましたが、一人の人間としての生き方にも通じるもので、この絵を忘れたくないなと思いました。

徳川家康公が、生涯、あの三方ヶ原の合戦でのことを忘れまいと、だっ糞した自画像を掲げていたそうですが、自分を見つめ直し、戒めてくれるものがあることは、幸いであると思います。私の所有物ではないですが、脳裏にしっかりと焼き付けて、生涯、あの作品と出会った時に交わしたこと、思い続けたいと思っています。

 
|author : 村松 操 | リラックス | 12:13 |
頑張れ「浜松シャンソンコンクール」


台風被害を乗り越えて
無事の開催をお祈りしています

 



その他:

予想だにしていなかった台風の被害。

故郷、浜松市での停電の規模と被害の様子を知った時、愕然としました。1日の朝になって初めて状況が少しわかり、その後、徐々にひどさが伝わってきて、心が張り裂けそうになりました。

また週末にかけて台風がやってくるとのこと。どこか、誰も住んでいない、海の上で消えて!

第12回浜松シャンソンコンクール。実行委員会の方々のご苦労が実る大切な大会。どうか、無事に開催させてあげてくださいと、今は祈るばかりです。

全国各地から集まる出場者の皆様。心配事が増えて直前のレッスンに集中できないかもしれないですが、ベストを尽くしていただけますよう願っております。ステージ、楽しんでください!
 
昨年、NHKの大河ドラマになった「井伊直虎」のように、また、徳川家康公のように、粘り腰の「浜松」の強さ、きっとコンクールも盛況のうちに無事に終えると信じております。東京から、コンクールの成功と、挑戦者の皆様の健闘をお祈り申し上げます。


 
|author : 村松 操 | リラックス | 09:08 |
篠笛 能管の美しくも切ない魂を揺さぶる音色


リラックス:

昨日はお彼岸のお中日でしたね。皆様はいかがお過ごしになられましたか。

武家の伝統と、ヨーロッパへの憧れ。

この二つの人生を生きる私にとって、日本のお家でする大切な行事がご先祖様を偲ぶ法要をお寺さんでしていただくことです。

今年は夏からご先祖の節目となる法要があり、ご先祖さまにとっても、私たち今生きている者にとっても、身を引き締めてかかるシーズンを送っておりました。

このお彼岸では、法要の際に、篠笛という、これまた大変音色が美しい演奏が用意され、身体も心も癒されました。なんて清らかで、美しく、涙がこぼれそうなくらいに切なくなる、それくらいに感動をしたしだいです。

演奏者の方に、「最初にお聴きしたあの曲が大好きです」とお伝えし、そこから話が弾みました。まるでお能の舞のようで、ピーンと張りつめた緊張感が鮮明に脳裏に浮かんで来ました。死をも覚悟して戦に臨む、そんな舞です。先祖が懐かしがっているのかな。私の中のDNAが騒いでいるのかな。素晴らしい法要になってありがたい、と思いました。

能管という笛(?)は、他の篠笛とは違ったつくりになっていて、それゆえに独特の音色が出せるのだそうです。

9月、今日は十五夜です。あいにくお月様は雲隠れして見えなさそうですが、むか〜し、むか〜し、何百年も前に聴いていたかもしれない音色に、癒され帰って来ました。

今、生きていられることに感謝し、ヨーロッパへの思いをお仕事としていられることに深く感謝いたしました。「忙中閑あり」。まさしくこの言葉ぴったりの記憶に残る1日でした。


 

|author : 村松 操 | リラックス | 07:41 |
| 1/101PAGES | >>