お菓子教室 イエロー効果・色彩学を生かして美味しそうに


華やかに美味しく
高級スイーツをオール実習レッスン
お一人ずつ・基本から丁寧に




 


イエローのリボンも素敵でした。

ピンク色をセレクトされる生徒さんが多い中、イエローを選んだ生徒さんたち。他にもいらっしゃいますが、特徴的だったお二人のケーキを記録します。

リボンは立体的に。

どこに、どの角度に、どのくらいの大きさで、リボン・デコレーションするのか。

フォトは、私の「査定」の後のものです。

手直しをすると、「そうなんですよね・・・・」と、生徒さん。ローマは1日にしてならず。美意識を磨く練習も、根気よく、毎回のお菓子つくりで鍛えてまいりましょう。



お知らせ・スケジュール

|author : 村松 操 | レッスン | 11:13 |
お菓子教室 マリー・アントワネット王妃様への贈り物

華やかに美味しく
高級スイーツをオール実習レッスン
お一人ずつ・基本から丁寧に




 


今日は私も作りました。完成直後を、パチリ。

フランス菓子の中でも、大・大・大好きな高級焼き菓子『パン・ド・ジェーヌ』。

アーモンドプードルではなく、マジパンローマッセで。

このお菓子の由来を大切に、形にもこだわっています。

今日は、あることから、マリー・アントワネット王妃様に捧げるケーキについて生徒さんと意見を交わしました。どんなものにしようかな〜、どんなものが私らしいかな〜、とか。生徒さんはサロンのよきアドバイザーさんです。

アーモンドの並べ方。私、自由に、ゆったりしてますでしょ? 

のびのびと、そして、誰よりも優雅で美しかったマリー・アントワネット。王妃様を偲んで、ピンクのリボンをキュッと結び、飾りました。

今日の楽しかったレッスンの記念に、アップ。これからまた新しい10年間が始まると思うと、嬉しい気持ちと、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。
 

|author : 村松 操 | レッスン | 20:18 |
お菓子教室 神々しく優雅に・伝説のお菓子「パン・ド・ジェーヌ」

華やかに美味しく
高級スイーツをオール実習レッスン
お一人ずつ・基本から丁寧に

 


伝説のフランス菓子『パン・ド・ジェーヌ』。

神々しく、優雅に、美しく。

レシピの贅沢さもさることながら、最後の最後のデコレーションまで、神経を細やかに、心を込めて。

天まで届く美味しさと称されたスイーツでもあり、また、敵軍に包囲され3ヶ月もの篭城戦においてアーモンドとお米で命を繋いだという歴史物語が伝えられているお菓子です。

マセナ将軍のことまで入り込んでしまうと、あまりよろしくない逸話も出てきてしまうので、私たち「女の子〜な感じ」のお菓子作りには、戦いにおいて将軍に捧げられたお菓子であるということを知って終わりにしておきましょう。

伝統にのっとって、飾りふちのある型でレッスン。

神々しく、神聖なお菓子としての品格も保ちたく、リボンで優雅な高級焼き菓子に仕上げています。

リボンは、マリー・アントワネット王妃様が大好きだったものです。今、生きていたしたら、このお菓子を眺めて、なんとおっしゃってくださることかしら?

最高級に美味しい、リッチなセレブ系焼き菓子。楽しんでいただいております。

|author : 村松 操 | レッスン | 19:33 |
| 1/549PAGES | >>