お料理教室の皆様へ お刺身用天然ヒラメ、確保成功!


お料理教室の皆様

天然ヒラメ、ゲット成功しました。お刺身用の上質な品です。

ヒラメの旬は冬ですが、いまのような梅雨の時期や、夏の食欲の落ちるシーズンに、ぜひ、召し上がっていただきたいフランス料理があります。

ヒラメは冬にもレッスンしました。覚えてますか?

前回は定番の伝統ある高級フレンチのヒラメ料理でした。 が、今回は、とてもシンプルなお料理です。

お家で実際にお料理する私たちにとっても、お料理する気にさせてくれる家庭料理です。

上質で、おしゃれで、すぐに作ってみたくなるお料理。

もちろん、夏のおもてなし料理としても最高です。

楽しみにいらしてください。


 
|author : 村松 操 | レッスン | 20:38 |
テーブルコーディネート教室 梅雨の季節は色合わせがポイント

心豊かなライフスタイルへ
美しい景色があると毎日が嬉しいから
ヨーロッパのテーブルコーデ


すべては「マリー・アントワネット」から始まりました
公式サイトはこちら
最新ブログはこちら



テーブルコーディネート教室

今日は梅雨の合間の清々しいお天気。気持ちも晴れやかでした。

後期レッスンの様子です。前半の歴史文化の講義時間を終え、みんなで撮影タイム。楽しんでいるところを、パチリ。

今回は、梅雨の時期のおもてなしのテーブル、実習していただきました。

この日は曇りがちで、肌寒く、日本独特の梅雨の一日でした。なんとなく気持ちが沈みがちな雨の季節には、はっきりとした色合いのプレゼンテーションプレートが活躍してくれます。

色の組み合わせを大切に!

元気の出るオレンジ、イエロー。優しさをくれるペパーミントグリーン。お花柄いっぱいのテーブル。

テーブルフラワーはお庭に今が盛りと咲いている野草を摘み、様々なグリーンと合わせました。フラワーベースは、向こう側が覗き見えるデザインのものをセレクト。風の流れがテーブルに生まれ、爽やかなテーブル演出に役立ってくれました。

テーブルナプキンは、フランスの最高級の品をご用意。

1センチ動かすだけで、テーブルの世界が変わること、生徒さんたちがどよめきながら気がついてくれて、レッスンは大成功。

テーブルレッスン、楽しいです。


 
|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 20:15 |
旬のアメリカンチェリー 品種とランクで選べば失敗なし

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

今が旬のアメリカンチェリーは、品種と、ランクで選んで!

アメリカンチェリーが苦手な方の特徴は、酸味です。その酸味を残しつつも、柔らかく伝えてくれる品種があります。

すぐ忘れてしまい申し訳ないのですが(バイヤーさん任せを反省・・)、大粒で、一粒10グラムくらいの大きさで、今出回っているものです。

ランクで選ぶ、というのは大事で、まるで和牛のお買い物みたい、と思いました。

昨年、TVの収録の時から、アメリカンチェリーに対しての関心が高まり、今回のクラフティーの美味しさも、このチェリーに助けられました。「上質なものは決して期待を裏切らない」。

焼いてもよし。そのまま生で食べてもよし。

美味しくするための魔法の呪文を唱えながら、美味しくな〜れ、美味しくな〜れ、と仕込みを楽しみました。

フランスでも、今、マルシェにいっぱい並んでいます。山盛りになって。

6月はチェリーの季節。お仕事への活力源としております。


 

お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | レッスン | 08:00 |
お菓子教室 贅沢ヴァニラキャビアのアーモンド・チュイル

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

地震、怖いですね。東京にいても情報を聞くだけで恐ろしい。皆様の無事をお祈りしています。こういう時は、いつもの通り、平常心でいたいから、いつもの通り仕事をし、ブログも書きます。

バニラビーンズをたっぷり含んだ高級菓子の『アーモンド・チュイル』。香ばしさと、上品なお味が人気です。

5月のシェフレッスンで知った「バニラのキャビア」。アレにはびっくりしました。ペーストのバニラビーンズではありません。キャビアのように、バニラの種が、ぎっしり詰まったもの。いったいどれだけのお値段なんだろう・・・と思ってしまいました。

チュイルにバニラビーンズ。贅沢です。

見た目にはまったく映り込まないというのが、また素晴らしく、宮廷文化の流れをくむフランス菓子らしさを彷彿とさせてくれます。

上質なスイーツに慣れてしまうと、ほかのものが食べられなくなりますが、美味しいものは美味しい!

そして、そうしたものが自分で作れる私たちも、幸せ。

 



 

丁寧に箱詰めしている生徒さんを、パチリ。お菓子つくり大好き生徒さんの、心優しいお持ち帰り風景です。

そして皆さんの力作集。綺麗に写っていたものを集めてみました。

あの時の大騒動が蘇ってきます。楽しかった〜。








 


どのクラスも、総出で協力して美しい曲線つくり。

熱いし、のそのそしてると曲がらなくなってしまうし。何回かやっているとコツをつかんできて、「わかってきた!!」となり、上手になる。大感動のステキなひと時でした。

来月はアントルメです。一回、一回のレッスンを大事に、みなさんとの貴重な時間を大切にしたい。そう強く思った今朝の出来事でした。

 


お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | レッスン | 11:55 |
地震 関西地方の生徒さん、大丈夫ですか


スマホで知ってびっくりいたしました。

関西地方の生徒さん、皆様、大丈夫でしょうか。心配。

東海地方もゆれたみたいですし、東京の今日のどんよりとした空模様も、なんとなく怖い感じです。

自然のなすことゆえ、どうにもコントロールできず、地震というのは困ります。

お怪我のないこと、お祈りいたします。

そして、不安が少しでも和らぎますよう、遠くから願っております。
 


 
|author : 村松 操 | レッスン | 09:56 |
お菓子教室 カフェ風のプチ・クラフティー、かわいい!

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

高級スイーツのレシピで作るには、もったいない感じもしますが、小さく焼き上げると、かわいいです。

上質なものを出してくださる銀座のお店を思い出しました。

どんな風に焼き上がっているのか、来月、教えてください。

食感が気になっております。

もっと小さい器でクラフティーを作ったことがあり、いくつも並べて楽しみました。火加減が難しく、苦労したことを覚えています。

普段、自宅でお菓子教室のお菓子つくりをする時は、ウェッジウッドのオーバル皿をよく使います。品があって、火通りもいいのか、クラフティーも綺麗に焼き上がります。光沢感のある器で、お気に入りです。

器選び。食卓の雰囲気作り。セッティング。お菓子の世界はゆとりの世界。

甘い香りに癒されながら、美味しいスイーツとお茶の時間。暮らしの中の隙間時間を優雅に過ごす楽しみですね。

 


お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | レッスン | 18:31 |
お菓子教室 王道の本格派クラフティー!

美味しく・華やかに
「オール実習スタイル」でお一人ずつ完成
高級スイーツ専門のお菓子教室



Parisが香る由緒正しい高級ケーキ
公式サイトはこちら



お菓子教室

お問い合わせへのお返事など、遅れております。すみません。

今月のお料理教室のお材料の確保、来月のアントルメのお材料の確保(あのフルーツがやっぱり問題です)に日々奔走しております。天候がどうあれ、自然環境がどうであれ、流通がどう変わろうともなんとかする。それがお教室主宰者の逃れられないお仕事だなと痛感する日々です。お教えしたいお料理、お菓子がある以上、そこに妥協はできません。頑張ります。みんなも一緒に願っててください。うまくいきますように、と。

さて、お菓子教室ブログの続きを。

王道の高級スイーツ菓子。クラフティーも本格派のレシピでレッスンしました。

生徒さんそれぞれに器を用意していただいたため、それぞれの個性が感じられるお菓子作りができ楽しかったです。

チェリーが程よく焼けて、ツヤツヤ。美味しそう。

赤の器はやっぱり美味しそうに見えますね。レシピは一緒だから味に変わりはないけれど、見栄えを考えると、単純な形、はっきりとした色合いがいいのかもしれないですね。

青のスクエアも素敵だなと思いました。家庭的な感じになりますが、みんなの人気者となりました。





 


チェリーが焼けて、とろけ出しているのが美味しそう。白の陶器のタルト型は安定感のある仕上がりに。

チュイルの数が5個ということは、お一つ、お召し上がりになったのかしら? それとも私の見間違え? チュイルは焼きたてが美味しいので、その場で「食べた〜〜い」という方には、どうぞとおすすめしておりました。

小さな器で焼くのもありで、カフェ風のアレンジにはいいのかなと。

それはまた次回に。では、皆様、いい休日を。



お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | レッスン | 17:51 |
テーブルコーディネート教室・後期 フラワーアレンジメント実習

より豊かなライフスタイルへ
美しい景色があると毎日が嬉しいから
ヨーロッパのテーブルコーデ

 



テーブルコーディネート教室

今回は英国が舞台です。

ヨーロッパ大陸とはまた違った歴史をたどり、文化芸術を育てた英国。

英国と王室は切ってもきれない関係にあり、美しい芸術、文化が生まれました。テーブルコーディネートの感性を磨く、新しい一歩。英国の歴史と文化についてしっかり学んでみましょう。

エリザベス1世の時代。

ヴィクトリア女王の時代。

ヴィクトリア女王のテーブルは、アフタヌーンティーの文化が世界中に広まったため、いつでも女性の心を捉える趣向を凝らしたコーディネートが楽しまれています。

歴史を知り、そこから生まれた文化を知り、心豊かなライフスタイルへと繋げていく。

お家で楽しむ心豊かな美しい時間の作り方、楽しみましょう!

9月に実習するフラワーアレンジメントの準備として、皆様がご用意している花器(フラワーベースでなくてもOK、ティーカップでも美しく完成させられます)をご持参ください。

お一人ずつ、お好きなデザインで、お好きなお花で。

テーブルフラワーは、大切なテーブル世界のエレメント。様式美のお勉強でもある大切なレッスンです。




お知らせ&トピックス

|author : 村松 操 | テーブルコーディネート教室 | 20:56 |
| 1/284PAGES | >>